ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>パガーニ

パガーニがグッドウッドに5台を持ち込むと発表!リアルでは初公開となるウアイラBCテンペスタ、そしてハードコアなゾンダ・レボ・バルケッタには要注目

投稿日:2022/06/23 更新日:

パガーニがグッドウッドに5台を持ち込むと発表!リアルでは初公開となるウアイラBCテンペスタ、そしてハードコアなゾンダ・レボ・バルケッタには要注目

| ゾンダ・レボ・バルケッタの仕様はあまりにスパルタン過ぎた |

それにしても「もう作らない」と言っていた割には次々新しいゾンダが登場する

さて、パガーニが今年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに5台のクルマを展示する、と発表。

その5台とはすでに発表済みのウアイラR、ゾンダ・レボルチオン、今回が公の場では初公開となるウアイラ・コーダルンガ、ウアイラBCテンペスタ、そしてゾンダ・レボ・バルケッタ。

やはりこの中での目玉はゾンダ・レボ・バルケッタかと思いますが、これは今までのパガーニには見られないカラーリングであり、かなり強烈なインパクトを持っているように思います。

パガーニ・ゾンダ・レボ・バルケッタはこんなクルマ

このパガーニ・ゾンダ・レボ・バルケッタは耳慣れないクルマではあるものの、ゾンダHPバルケッタに「ゾンダ・レボルチオン」スペックのエンジンを搭載したクルマだと紹介されていて、ゾンダHPバルケッタは公道走行可能なスーパーカー、しかしゾンダ・レボルチオンはサーキット走行専用のレーシングカーであり、となるとゾンダ・レボ・バルケッタがどちらに属するのかはちょっと気になるところ(公道走行ができるのかできないのか)。

世界に5台!究極のパガーニ・ゾンダ、「レボルチオン」が競売に登場
世界に5台!究極のパガーニ・ゾンダ、「レボルチオン」が競売に登場。新車価格は2.8億、市場価格はその倍とも言われているようだ

| 限定台数わずか5台、おそらくは今後もこのゾンダ・レボルチオンは価値を失うことはない |この記事のもくじ| 限定台数わずか5台、おそらくは今後もこのゾンダ・レボルチオンは価値を失うことはない |生産 ...

続きを見る

ちなみにゾンダ・レボルチオンは2013年に5台のみが生産された限定モデルであり、HPバルケッタは2020年以降に3台が生産された限定シリーズです。

3台限定のうち「最後」のパガーニ・ゾンダHPバルケッタが納車される!その価格は20億円、トップを持たない純粋なスピードスター
3台限定のうち「最後」のパガーニ・ゾンダHPバルケッタが納車される!その価格は20億円、トップを持たない純粋なスピードスター

| パガーニ・ゾンダはなんだかんだ言いながらチョコチョコと製造され納車されているようだ |この記事のもくじ| パガーニ・ゾンダはなんだかんだ言いながらチョコチョコと製造され納車されているようだ |ただ ...

続きを見る

画像を見る限りではエクスポーズドカーボンファイバーのボディパネルにパープル、ブルー、シルバー、レッドといったアクセントを持ち、リアエンドを見る限りではナンバープレートを取り付ける場所はなく、サーキット走行専用モデルなのかもしれませんね。

パガーニ・ウアイラBCテンペスタはこんなクルマ

パガーニ・ウアイラBCテンペスタは昨年8月に(オンラインで)発表されたクルマですが、コロナウイルスのパンデミックによって実車を公開する場を奪われてしまい、今回ようやくお披露目ができるということになりそう。

これはウアイラきってのハードコアモデル「BC」に対し、サーキット走行に特化したオプション「テンペスタ」を装着したもので、これ以上無いスパルタンな(公道走行が可能な)ウアイラという位置づけです。

パガーニが「ウアイラBC パケット・テンペスタ」「ウアイラRのインテリア」を公開!もうウアイラ登場から10年も経つのか・・・
パガーニが「ウアイラBC パケット・テンペスタ」「ウアイラRのインテリア」を公開!もうウアイラ登場から10年も経つのか・・・

| いかに時間げ経過しようとも、ウアイラの魅力は一向に色褪せない |この記事のもくじ| いかに時間げ経過しようとも、ウアイラの魅力は一向に色褪せない |そろそろウアイラ後継が発表されてもいい頃だとは思 ...

続きを見る

新デザインのフロントスプリッター、カーボンファイバー製リアウィング、センターフィン、専用エアインテークが装着されることでダウンフォースが強化され、更にはエンジンや足回りにもアップグレードが施されるという「死角なし」なウアイラでもありますね。

その他にはこんなパガーニも

そして他に展示されるのはウアイラ・コーダルンガ。

1960年代のル・マン24時間に参戦していたレーシングカーに着想を得たというロングテール、そしてほかのウアイラとは異なって派手なエアロパーツが装着されない「ツルっとした」ルックスが特徴で、9億8000万円という高価格っぷりにもかかわらず、限定台数の5台はすでに完売済み(こういったウアイラを待っていたファンも多いのかも。ちなみにウアイラ後継モデル”C10”はクラシカルなルックスとなるようなので、ファンからのクラシック路線の要望も多かったのかもしれない)。

パガーニ・ウアイラ・コーダルンガ

【動画】パガーニ史上もっともエレガント!60年代のル・マン・レーサーをイメージした「ウアイラ・コーダルンゴ」発表!約10億円なるも限定5台は完売済み
【動画】パガーニ史上もっともエレガント!60年代のル・マン・レーサーをイメージした「ウアイラ・コーダルンガ」発表!約10億円なるも限定5台は完売済み

| てっきりパガーニの新型車が登場したと思ったほどの独特なデザイン |この記事のもくじ| てっきりパガーニの新型車が登場したと思ったほどの独特なデザイン |内外装の様々な部分には「これまでのパガーニに ...

続きを見る

一方のウアイラRはサーキット走行専用ハイパーカーであり、ウアイラと名がつくものの、新しく設計されたカーボンモノコックシャシーにHWA製のV12エンジンを搭載するという「ウアイラとは別の路線上にある」クルマ。

生産台数は30台に限定されていますが、当然ながらすべて完売済みとなっており、「中古市場にも出てこないほど」高い人気を誇るんじゃないかと考えています。

パガーニがついに「ウアイラR」発表!ウアイラと名乗るものの中身は新設計のレーシングカー
パガーニがついに「ウアイラR」発表!ウアイラと名乗るものの中身は新設計のレーシングカー。価格は3.4億、850馬力、30台限定

| まさかここまでハードなクルマを出してくるとは |この記事のもくじ| まさかここまでハードなクルマを出してくるとは |パガーニ・ウアイラRはこんなクルマエンジンの開発にかかったのは約2年パガーニ・ウ ...

続きを見る

合わせて読みたい、パガーニ関連投稿

パガーニが「ウアイラ・ロードスターBCの限定台数40台をすべて作り終えた」と発表。次はウアイラRの30台を製造してウアイラが終了、いよいよ後継モデルへとバトンタッチ
パガーニが「ウアイラ・ロードスターBCの限定台数40台をすべて作り終えた」と発表。次はウアイラRの30台を製造してウアイラが終了、いよいよ後継モデルへとバトンタッチ

| パガーニ・ウアイラ・ロードスターBCは「パガーニ史上もっともパワフルで速い」オープンモデル |この記事のもくじ| パガーニ・ウアイラ・ロードスターBCは「パガーニ史上もっともパワフルで速い」オープ ...

続きを見る

パガーニを6台所有しウアイラRの納車を待つ男!フルカスタムが施されたワンオフモデルの「ゾンダAY」がデリバリーされる
パガーニを6台所有しウアイラRの納車を待つ男!フルカスタムが施されたワンオフモデルの「ゾンダAY」がデリバリーされる

| これだけパガーニを揃えるオーナーも珍しい |この記事のもくじ| これだけパガーニを揃えるオーナーも珍しい |しかもさりげなくブガッティを2台所有パガーニ・ゾンダAYはこんな仕様を持っているこのオー ...

続きを見る

これで本当に終わり?パガーニ・ゾンダ760ロードスター「最後の一台」がロシアのチューナー経営者に納車、ボディカラーは「リキッドメタル」
これで本当に終わり?パガーニ・ゾンダ760ロードスター「最後の一台」がロシアのチューナー経営者に納車、ボディカラーは「リキッドメタル」

| 多くのゾンダオーナーが「760スペック」への改修を行うが、これはもともと760スペックにて製造された「新車」のようだ |この記事のもくじ| 多くのゾンダオーナーが「760スペック」への改修を行うが ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->パガーニ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5