ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】新型シビック・タイプRの試作車が初めてニュルを走る!動画で見るとけっこうボディはワイド、そしてサウンドもGOOD

投稿日:

新型シビック・タイプRの試作車がニュルを走る!動画で見るとけっこうボディはワイド、そしてサウンドもGOOD

| 「3本」テールパイプはかなりの太さを持つようだ |

けっこうベースモデルのシビックとの差別化は大きそう

さて、ホンダが「シビック・タイプR」のティーザー画像を公開し、がぜん盛り上がってきている新型シビック・タイプR周辺情報。

今回はニュルブルクリンクを走る新型シビック・タイプRの姿が捉えられていて、2枚のみ公開された公式ティーザー画像ではわからなかった部分も見て取ることができ、短い動画ながらもなかなかに「濃い」内容となっているようです。

なお、今回の動画でもっとも注意を引くのは、ベースモデルのシビックとは完全に異なる「前後オーバーフェンダー」。

相当にモッコリした盛り上がりを見せており、かなり高い安定性とコーナリング性能を予感させますね。

新型シビック・タイプRがニュルを走ったのはわずか一周

ここからは動画の内容を紹介したいと思いますが、こちらはニュルブルクリンクにコースインする新型シビック・タイプR。

9

やはり前後フェンダーの張り出しが大きく、フロント~サイド~リアアンダーに装着されたエアロパーツはけっこうアグレッシブ。

1

見たところでは構造的なカモフラージュはなく、ボディパネルやバンパーにシートを貼っただけのように見え、つまり「外板はほぼ完成状態にある」と考えて良さそうですね。

2

フロントフェンダーの後ろにはけっこう大きなエア抜きのためのスリットがあり、リアウイング、リアディフューザーはけっこうなラージサイズ。

7

ただし真後ろから見ると、リアウイングは(80スープラのように)後方視界を妨げないような形状となっているようですね。

そしてリアから見ても前後フェンダーが張り出していることがわかり、そしてテールパイプはけっこう太いという印象。

新型シビック・タイプRは(従来型シビック・タイプRに比較して)外観が大人しいという印象を持っていましたが、今回の動画を見る限りでは、その方向性が異なるだけで、新型シビック・タイプRもなかなかに過激なボディが与えられることになりそうです。

3

まだまだ新型シビック・タイプRには謎が多い

なお、ホンダは新型シビック・タイプRについて多くを語らず、よって外観以外は謎のまま。

駆動方式はFF、トランスミッションは6速マニュアルを継続するものと思われ、エンジンについても先代同様に2リッター4気筒ターボを搭載すると見られます。

若干の出力向上があると言われる反面、環境規制のためパワーアップは難しいだろうという意見もあり、現時点ではすべてが予測の範囲です。

ただ、パワーアップが行われないとしても、欧州におけるホンダ最後のガソリン車となること、そしておそらくグローバルでも「最後のガソリンエンジンのみで走るタイプR」となるであろうことを鑑みるに、軽量化含めてそのパフォーマンスを最大化するための努力がなされるものと考えています。

新型シビック・タイプRが唸りをあげてニュルブルクリンクを走行する動画はこちら

あわせて読みたい、新型シビック関連投稿

新型シビック・タイプRの公式ティーザー画像公開!「派手すぎ」の批判を受けずいぶんおとなしい外観となるも、リアの「3本テールパイプ」は健在
新型シビック・タイプRの公式ティーザー画像公開!「派手すぎ」の批判を受けずいぶんおとなしい外観となるも、リアの「3本テールパイプ」は健在

| 今後の環境規制を鑑みるに、シビック・タイプRのようなクルマはもう二度と登場しないだろう |この記事のもくじ| 今後の環境規制を鑑みるに、シビック・タイプRのようなクルマはもう二度と登場しないだろう ...

続きを見る

新型ホンダ・シビック・タイプRの予想差レンダリング登場!たぶん「当たらずとも遠からず」、この姿で登場することになりそうだ
新型ホンダ・シビック・タイプRの予想レンダリング登場!たぶん「当たらずとも遠からず」、この姿で登場することになりそうだ

| 現在までリリースされている情報、ベースとなるシビックとをあわせて考えると、新型シビック・タイプRはこうなるだろう |この記事のもくじ| 現在までリリースされている情報、ベースとなるシビックとをあわ ...

続きを見る

ホンダ・シビックが目標月販台数の3倍を受注!最も多い購入層は20代、MT比率はなんと35%超。いったい何が起きているのか・・・。
ホンダ・シビックが目標月販台数の3倍を受注!最も多い購入層は20代、MT比率はなんと35%超。いったい何が起きているのか・・・。

| 20代が購入している理由は不明だが、マニュアル・トランスミッション選好の傾向が拡大しているのは間違いない |この記事のもくじ| 20代が購入している理由は不明だが、マニュアル・トランスミッション選 ...

続きを見る

参照:CivicXI com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5