ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>中国/香港/台湾の自動車メーカー

中国BYDが高級ブランド「仰望」を立ち上げ、第一弾となるU8を発表。1,115馬力、0-100km/h加速3秒のハイパーオフローダー。価格性能比だと日米欧のメーカーは対抗できない

投稿日:2023/01/07 更新日:

中国BYDが高級ブランド「仰望」を立ち上げ、第一弾となるU8を発表。1,115馬力、0-100km/h加速3秒のハイパーオフローダー。価格性能比だと日米欧のメーカーは対抗できない

| もしかすると日米欧の自動車メーカーは中国市場を諦めないといけない時代が来るのかも |

今後の中国市場は今までのようには物事が運ばないだろう

さて、今年に2つの新しいブランドを発表するとコメントしていた中国の自動車メーカー、BYD。

現在のラインアップはすべてPHEVもしくはEVへとシフトさせており、いちはやくエレクトリックブランドへと転換を遂げた会社としても知られます。

これを可能としたのは「自社でバッテリーを生産している」という他とは異なる事情がゆえですが、そのため(他からバッテリーを仕入れる必要がないので)非常に利益率が高い、とも言われていますね。

そして今回発表された新ブランドが「仰望(YangWang)」、そして市販車第一号がこの「U8」。

なお、YangWangは市販第二弾として「U9」を公開していますが、このYangWangは「高級ブランド」という位置づけであり、その車種に統一性を持たせることは考えていないのかもしれません。

トヨタの中国におけるパートナー、BYDがエレクトリックハイパーカー「仰望 U9」を発表!0-100km/h加速2秒という驚愕の加速を誇り、お値段1800万円
トヨタの中国におけるパートナー、BYDがエレクトリックハイパーカー「仰望 U9」を発表!0-100km/h加速2秒という驚愕の加速を誇り、お値段1800万円

| 中国の多くの自動車メーカーは「ディヘドラルドアを持つハイパーカー」に強い憧れがあるようだ |この記事のもくじ| 中国の多くの自動車メーカーは「ディヘドラルドアを持つハイパーカー」に強い憧れがあるよ ...

続きを見る

YangWang U8の外観はランドローバー・ディフェンダー風

なお、このYangWang U8のルックスはなんとなくランドローバー・ディフェンダー風。

細部の作りは全く異なるものの、そのシルエットや雰囲気はディフェンダーに近く、ディフェンダーを意識したのは間違いないかもしれません。

ただ、車体構造としては(すでにディフェンダーが捨ててしまった)ラダーフレームを採用しており、EVとしてはかなり珍しい構造を持つとも考えられます。

YangWang-U8 (2)

このU8はかなり大柄なクルマで、全長5,300ミリ、ホイールベース3,050ミリというサイズを持ち(ディフェンダ-130に近い)、Aピラーの付け根が大きく前に出されることで広いキャビンを実現しています。

ホイールサイズは20インチ(そんなに大きくない)、力強いホイールアーチが視覚的なアクセントとなっていますね。

ルーフ上にはおそらくはカメラもしくはセンサーが内蔵され、Dピラーやホイールアーチの後ろ側には6本もしくは7本のラインがアクセントして採用されているほか、ドアハンドルはフラッシュマウントとなっており、先進性を感じさせる特徴あるルックスを持つようです。

そしてハイパーカーであるYangWang U9同様に「目ヂカラ」がスゴいところもこのブランドの特徴のようで、グリルと一体化したライトユニットにはなんらかのアニメーション機能が内蔵されているものと思われます。

YangWang-U8 (3)

YangWang U8の加速は文字通りの「スーパーカー並み」

搭載されるエレクトリックモーターは「4つ」で、各モーターが299〜326馬力 / 320〜420Nmのトルクを発生させ、合計で1,115馬力を誇ることになりますが、それ以上に驚くのは0-100km/h加速がわずか3秒というスーパーカー並みの数値を持つことで、さらには(多くのエレクトリックオフローダーがアピールしている)その場で360度の回転によって向きを変えることができるタンクターンを実現できる、とのこと。※このクアッドモーターによる駆動技術は「Yisifang」だと表現されており、YangWangの全てのモデルに備わるようだ

YangWang-U8 (6)

搭載されるバッテリーはBYD独自の「ブレード」バッテリーで、しかしその容量や満充電あたりの航続距離は明かされないまま。

ちなみにですが、タンクターンのほか「クラブモード(横歩き)」を備え、かつキャビンが密閉されているために水に浮くという「フローティングウォーターモード」、そのほかいくつかのオフロード向け走行モード、さらにはパンクしても時速120km/hで走行できるタイヤを備えており、オフローダーとしても相当に高い性能を持っているものと思われます。

YangWang-U8 (4)

今のところインテリアの画像、そして価格についてもリリースされていないものの、BYDはこのU8のプライスゾーンについて80万元(1600万円)から150万元(300万円)だとコメントしており、同じくラダーフレーム採用のオフローダー、メルセデス・ベンツGクラスの現地価格に比較すると半分程度なのだそう。

このYangWang U8、そしてハイパーカーのU9の価格性能比は正直「驚くべきレベル」にあり、中国人の愛国的気質を考慮すると、今後日米欧の自動車メーカーのEVは中国市場にてかなり苦戦するだろうことが想像でき、大きく販売を落とす例も出てくるかもしれませんね。

YangWang-U8 (5)

合わせて読みたい、BYD関連投稿

中国の自動車メーカー、BYDの利益が「前年比2.62倍」に
中国の自動車メーカー、BYDの利益が「前年比2.62倍」に!ただし利益の64%、463億円がなんとマスク。そんなにマスクは儲かるのか・・・

| なりふり構わず利益獲得に走ったところには頭が下がる |この記事のもくじ| なりふり構わず利益獲得に走ったところには頭が下がる |最大で1日に5000万枚のマスクを製造していた時期もそんなにマスクは ...

続きを見る

中国BYDがさらに伸び、中国におけるEV販売でテスラを抜く勢い。さらに来年には2つのブランドを立ち上げてテスラを引き離しにかかる。なぜここまで伸びたのか?
中国BYDがさらに伸び、中国におけるEV販売でテスラを抜く勢い。さらに来年には2つのブランドを立ち上げてテスラを引き離しにかかる。なぜここまで伸びたのか?

| BYDは現在、ガソリン車の販売を終了させてEVのみの販売に特化している |この記事のもくじ| BYDは現在、ガソリン車の販売を終了させてEVのみの販売に特化している |中国の数ある自動車メーカーの ...

続きを見る

「クルマよりもマスクの利益のほうが大きい」中国BYD。日本でミッドサイズSUV「ATTO3」を発売し、ディーラー拡充など今後の展開について発表
「クルマよりもマスクの利益のほうが大きい」中国BYD。日本でミッドサイズSUV「ATTO3」を発売し、ディーラー拡充など今後の展開について発表

| 価格は税込み440万円、航続可能距離は485km。ATTO 3のコストパフォーマンスはかなり高いが |この記事のもくじ| 価格は税込み440万円、航続可能距離は485km。ATTO 3のコストパフ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5