>韓国の自動車メーカー

ヒュンダイがもっとも期待をかける新型SUV「ジェネシスGV70」正式発表!指紋認証などライバルを凌駕する装備、高いデザイン性にてライバルに挑む

ヒュンダイ・ジェネシスGV70

「ジェネシス」ブランドにて本格的にプレミアムカーセグメントへの参入をもくろむヒュンダイですが、今回は新型SUV、GV70を発表。

先に発表されたGV80の下に位置するクルマということになりますが、GV80の重厚さに対してGV70ではスポーティーな雰囲気を押し出しており、うまく住み分けを狙っているようですね。

なんかベントレーっぽいぞ?ヒュンダイがフラッグシップSUV「ジェネシスGV80」を発表

| 内外装のデザイナーはベントレーから引き抜いてきたので「仕方ない」か | 先日、ヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」のセダンが北米で非常に好調なセールスを記録しているという報道をお伝えしましたが、 ...

続きを見る

なお、ヒュンダイはプロダクトアウト型ではなくマーケットイン型の製品開発を行っており、つまりは「ライバルの売れ筋を徹底的に研究し、それを上回る機能や装備、そしてコストパフォーマンスを与えること」「それを周知させるプロモーションにを行うこと」で市場を攻略しており、今回のGV70についてもライバルそしてマーケットに対する競争力を反映させたクルマだと言えそうです。

ジェネシスGV70は「レクサス最量販モデル」となる可能性も

なお、価格的にもGV70のほうが「下」に位置することになるため台数が出るのもGV70だと思われ、つまりヒュンダイ(ジェネシス)にとってもっとも台数が出るクルマとなる可能性も。

参考までに、セダンにおいては「G70」「G80」がラインアップされていますが、やはりG70のほうが販売台数が多く、ジェネシスの成長にもずいぶん貢献していると報じられています。

参考ヒュンダイがレクサスIS対抗、新型ジェネシスG70発表!「スーパーマングリル」装着の最新デザインに

| ヒュンダイは「見える部分」には力を入れているが、そうでない部分にはあまり注力していないようにも見える | ヒュンダイが新型セダン、ジェネシスG70を発表。これはBMW 3シリーズ、レクサスISあた ...

続きを見る

参考までに、同日に発表されたアキュラMDX(下の画像)とイメージカラー、各部の色使いがよく似ており、つまりこれが(両者のメインターゲットである)北米市場で現在もっとも人気のあるカラーということなのかもしれません。

Acura_MDX

ジェネシスGV70はこんなクルマ

GV70にはジェネシスおなじみの「スーパーマングリル」が与えられていますが、ヘッドライト含む各ディティールはやや丸みを帯びているようにも見えます。

ヘッドライトは「二段」、そこからサイド〜リアの二段テールランプにつながるデザインは「パラボリックライン」と呼ばれており、これはジェネシスの大きな視覚的特徴。

2021-Genesis-GV70-Sport-4

リアクオーターウインドウ、そしてCピラーはかなり特徴的。

こういったデザインを見ても、やはりGV70では丸さを強調しているようですね。

2021-Genesis-GV70-Sport-3

リアビューもまた特徴的で、高い位置に配置された太いテールパイプがなかなかナイス。

グリルやホイールのスポーク、リアエプロン等には菱形のモチーフが採用され、さらに立体的なデザインが用いられているようですね。

2021-Genesis-GV70-Sport-5

ヒュンダイいわく、「GV70のデザインは航空機に採用されるエアロダイナミクにインスパイアされている」とのこと。

2022-Genesis-GV70-KDM-9

ジェネシスGV70にはさまざまな選択肢が存在

さらにジェネシスGV70にはさまざまな選択肢が用意されていることが特徴で、オプションでは「スポーツパッケージ」が用意され、これを装着するとダーククロームのグリルやブラックアクセントが付与されることになり、バンパーがよりアグレッシブに、そしてテールパイプやリアディフューザーも変更されるようですね。

おそらくはレッドの個体が「スポーツパッケージ」装着車、そしてこちらのシルバーそしてメタリックグレーの個体が標準バージョンかと思われます。

2021-Genesis-GV70-BS-4

そして標準バージョンではクロームパーツが多数装着され、スポーツパッケージとは全く異なる高級感があるようです。

Genesis-GV70-5-1

なお、現在パワートレーンについては公表されていないものの、プラットフォームは後輪駆動ベース、そしてエンジンは2.5リッター4気筒(300馬力)、3.5リッターV6(375馬力)の2種類が存在する、とも言われます。

2021-Genesis-GV70-BS-1

ジェネシスGV70のインテリアはこうなっている

そしてこちらはジェネシスGV70のインテリア。

最新のクルマらしくデジタル式のメーターにタッチ式インフォテイメントシステムを備えており、やはり「円」をモチーフにしたデザインが採用され、ナーリング加工が施されたスイッチ類(ヒュンダイはこれを”ジュエル”と表現している)が見られます。

Genesis-GV70-2-1

もちろんドライバーアシストも充実していて、レーンチェンジアシスト、スマートクルーズコントロール、インテリジェントスピードリミットアシスト等が備わる模様。

2021-Genesis-GV70-Sport-9

さらには指紋認証や、既存のレーダーよりも高性能なセンサーを持つとも発表されており、あらゆる方面において競争力を高めているようですね。

合わせて読みたい、ジェネシス関連投稿

韓国にてジェネシスがメルセデス、BMWを抑え「最も売れた高級車」に!しかも韓国ではベンツ、BMWともに日本よりずっと多く売れ、ベンツを買っている人は人口比で日本の3.4倍

| 信じられないが、この数字を見ると韓国の高級車市場は日本を圧倒しているようだ | 総合ニュースによると、韓国市場において、ヒュンダイのプレミアムブランド「ジェネシス」が4年ぶりにメルセデス・ベンツを ...

続きを見る

ヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」。旗艦SUV、GV80が発売直後なるも3度めのリコール。ヒュンダイの「高品質」は虚像だったのか

| ヒュンダイは中身が伴わないまま、プロモーションによって「実際よりも良いクルマ」に見せようとしてきたツケを支払っている? | ヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」。元ランボルギーニ、ベントレーのチ ...

続きを見る

ヒュンダイが高級セダン「ジェネシスG90」に限定モデル追加。日本進出も秒読み段階となり公式TwitterではBTSを起用したキャンペーンも

| ヒュンダイは大きく世界に打って出るようだ | ヒュンダイが発売している高級車、「ジェネシスG90」。昨年の発売以来高い人気を誇っているといいますが、今回2021年モデルの発表に加えて50台のみの限 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN(intensive911)

->韓国の自動車メーカー
-, , , ,