ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

ホンダ

トヨタ・クラウン

2023年1月の国産車登録ランキング公開!TOP10のうち8台がトヨタ、TOP20のうち14台がトヨタ。トヨタはサプライチェーンや半導体問題を解決したのか生産が大幅増

| マツダも新型車を中心に躍進を見せ、ここへきてようやくその戦略が花開いたかも | 一方で日産とホンダは存在感を示せない さて、2023年1月の国産自動車メーカー登録状況が発表に。まずブランド別の登録 ...

意外とイケてる?「ガンダムカラー」のホンダ・フィットが目撃される

意外とイケてる?「ガンダムカラー」のホンダ・フィットが目撃される

| 「ガンダム」は世界規模だとなぜか大きな人気を獲得するに至っていないようだ | それでも「ガンダム仕様」は時折見かける さて、ネット上を徘徊していると様々なカスタムカー、そして改造に遭遇しますが、最 ...

ホンダ

ホンダが電動化社会において「必要な企業とされるべく」世界規模での組織変更を行うと発表。EV開発の集約、それによる開発加速を狙うことが狙い

2023/1/25    , ,

| ただし、ホンダは企業文化的に「個」を尊重するあまり、強烈なリーダーシップを取ることができない | そしておそらく、今の時代は「個を尊重する」よりも「価値観に合わない人・モノを切り捨てる」ほうが重要 ...

シビック・タイプR

新型ホンダ・シビック・タイプRが「売れすぎ」で一時受注停止!なお現在中古市場には8台が登録、相場は900万円前後、総支払額だと1000万超えも

| この価格でも「売れる」のがシビック・タイプRの恐ろしさでもある | ただし需給バランスの悪さは現在がピークだろうと考える さて、ホンダが新型シビック・タイプRの受注を一時停止すると発表。これはシビ ...

ホンダが中国にてまさかの「スーパーカブ」「ダックス」「ズーマー」を電動バイク化!それぞれが専用設計を持ち「名前だけじゃなく」その特徴を隅々まで再現

ホンダが中国にてまさかの「スーパーカブ」「ダックス」「ズーマー」を電動バイク化!それぞれが専用設計を持ち「名前だけじゃなく」その特徴を隅々まで再現

| これらスーパーカブ、ダックス、ズーマーの電動モデルは中国だともっとも出力の低いカテゴリに分類されるもよう | 残念ながら、現在のところ日本での発売は計画されていない さて、ホンダの中国法人、本田技 ...

GRヤリス

2022年12月、通年での国産車登録ランキング公開!通年だと1位はヤリス、2位カローラ、3位にはリーフ・ルーミー(4位)、フリード(6位)など地味に売れているクルマも

| TOP10のうち7台がトヨタで占められているが、一方でランクインしていないトヨタ車も少なくはなく、トヨタは効率がいいとは言えないかも | 一方でマツダと三菱のランクイン率はけっこう高い さて、20 ...

ソニー・ホンダモビリティが市販EVブランド「AFEELA(アフィーラ)」、そしてプロトタイプを発表!これはソニー Vision-Sのアップデート版だと考えて良さそう

ソニー・ホンダモビリティが市販EVブランド「AFEELA(アフィーラ)」、そしてプロトタイプを発表!これはソニー Vision-Sのアップデート版だと考えて良さそう

| AFEELA プロトタイプ、ソニー Vision-Sを比較すると多くの点で一致している | ソニーとホンダはうまく棲み分けを行いこのビジネスを進めてゆくようだ ソニーとホンダとの合弁会社、ソニー・ ...

ホンダ

ホンダが中国にてHV車20万台にリコール発表!北米でも11万台のリコール対応中、さらに追加で172万台のリコールを余儀無くされる可能性も

| ホンダ、アキュラ共に最近の品質関連調査では下位に沈んでいる | 最近のホンダはなにかしら根本的な問題を抱えていると考えていい さて、ホンダはブレーキペダルセンサーに問題があるとして、中国で20万台 ...

ホンダ・シビック・タイプR

ホンダが「タイプR」30周年に際し、その生い立ちや赤バッジの意味、歴代TYPE R、これからについて語る。「タイプRの開発になるとわが社のメンバーはみんなリミッターが解除される」

| このコンテンツを見る限り、タイプRは時代に応じ、最適な形で進化を遂げることになりそうだ | やはりタイプRはホンダの中でも「特別な位置づけ」にあるのは間違いない さて、ホンダが「タイプRの30周年 ...

ホンダが中国にて高級SUV「UR-V」「アヴァンシア」をマイチェン!外観はクローム追加で高級感重視、現地の嗜好を反映へ

ホンダが中国にて高級SUV「UR-V」「アヴァンシア」をマイチェン!外観はクローム追加で高級感重視、現地の嗜好を反映へ

| 中国では「クーペSUV」が非常に好まれる | ホンダは中国において「東風ホンダ」「広汽ホンダ」の2社の合弁を展開 さて、ホンダは他の自動車メーカーの例にもれず、中国において現地企業とのタイアップに ...

ホンダ・シビック・タイプR

「タイプRがなければ、ホンダはない」。ホンダはいかにパワートレーンが変化しようとも、走る歓びを追求しタイプRを存続させると明言

| 現在、多くの自動車メーカーが「ガソリン車の持つ、走る愉しさ」を電動化時代に再現しようとしているが | ホンダはその再現の目標を「本質的なもの」に設定し、中途半端な技術でお茶を濁すことはないようだ ...

「うそだろ・・・」。在日米兵がショップに置いていた新型シビック・やイプRを盗んで事故、そのまま逃走。どうすることもできずオーナーが悲嘆に暮れる【動画】

「うそだろ・・・」。在日米兵がショップに置いていた新型シビック・やイプRを盗んで事故、そのまま逃走。どうすることもできずオーナーが悲嘆に暮れる【動画】

| 先にアメリカ側に身柄を確保されると、協定によってもう日本の警察は手出しができなくなるようだ | 発見されたときには事故によってあまりに悲惨な姿に さて、山口県にて、早朝堂々と自動車販売店からホンダ ...

赤バッジは「メッシュ仕様」!ホンダがFL5ベースのシビック・タイプR TCRレーシングカーのティーザー画像を公開、先代同様に勝利を量産しそう

赤バッジは「メッシュ仕様」!ホンダがFL5ベースのシビック・タイプR TCRレーシングカーのティーザー画像を公開、先代同様に勝利を量産しそう

2022/12/13    , , ,

| おそらく走りは相当に刺激的、レースに参加せずとも個人で購入し走りを楽しむ人も出てきそう | その外観は思ったよりもシンプルだった さて、ホンダが「新しいシビック・タイプR」、タイプR TCRレーシ ...

ホンダ・シビック・タイプR

新型シビック・タイプRのゼロヨンは先代よりも0.2秒遅かった!それでもカーメディアが「現在、お金で買えるFFではもっとも優れるクルマ」と断言する理由とは

| 様々な要素を考慮するに、新型シビック・タイプRは「これまでのタイプRの集大成」「タイプRの最高傑作」だと言っていい | やはり日本の開発陣はとんでもなく優れたタイプRを作るようだ さて、新型ホンダ ...

マツダ

2022年11月の国内車種別登録ランキング!日産ノートが2位に浮上、CX-60やエクストレイルなど新型SUVの販売が伸びる。一方でスポーツカーはランキング下位に

| やはり全体的な傾向としてはSUVの強さが目立つ | ニューモデル好調という傾向の中、新型クラウンはいまひとつ強みを発揮できていない さて、2022年11月の国内自動車メーカー/車種別登録台数が発表 ...

インテグラ・タイプR復活?シビック・タイプRのエンジン、MT、デフを移植した過激モデルが登場予定。なおトミカからは「偽装つき」シビック・タイプRが発売されるぞ

インテグラ・タイプR復活?シビック・タイプRのエンジン、MT、デフを移植した過激モデルが登場予定。なおトミカからは「偽装つき」シビック・タイプRが発売されるぞ

| インテグラのハードコアモデルは残念ながら「タイプR」を名乗れないようだ | アキュラの「フラッグシップ」はあくまでもタイプSであってタイプRではない さて、もう受注をさばききれないとして注文受付が ...

トヨタ

やはりトヨタとホンダはこのEV化の波に乗れてない。テスラ購入者のうち、最も多いのは「トヨタから」、2番めは「ホンダから」の乗り換えとなり、両者は顧客を失い続けている

| トヨタはスポーツカーに注力して話題作りに成功したが、実際の販売においてはEVを揃えていないことが大きなマイナスに | やはり年に一度と言われるこの波には「乗っかる」べきだった さて、日本の自動車メ ...

3代目、新型ホンダNSXはこうなる?初代NSXオマージュのレンダリングが登場。ボクは3代目NSXに「誰もが想像しえない価値観の実現」を期待したい

3代目、新型ホンダNSXはこうなる?初代NSXオマージュのレンダリングが登場。ボクは3代目NSXに「誰もが想像しえない価値観の実現」を期待したい

| ホンダは三代目NSXの存在を示唆しているが、その登場がいつになるのかはわからない | 各自動車メーカーがヘリテージを重視し「回帰」路線を採用する昨今、NSXも初代にインスパイアされたものであって欲 ...

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5