ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

ホンダ

このクルマを現実世界で購入できないのは残念だッ・・・!ホンダ・シビック・タイプR「ワゴン」のレンダリングが登場。タイプR普及のためにぜひ発売希望

このクルマを現実世界で購入できないのは残念だッ・・・!ホンダ・シビック・タイプR「ワゴン」のレンダリングが登場。タイプR普及のためにぜひ発売希望

| ホンダは現行シビック・タイプR(FL5)にてより多くのユーザーに門戸を開いたと考えている | その流れから「ワゴン」という選択肢があってもいいんじゃないかと思う さて、いつも美しい「もしも」系レン ...

トヨタ

グリーンピースが「トヨタは自動車メーカー中、もっとも環境保護に真剣ではない」と結論づける。なおワースト2 / 3にはホンダ / 日産が入り、日本勢にとって悪夢のような結果に

| やはり日本は様々な意味でガラパゴス化しており、国際化とは程遠いのかもしれない | 日本企業の価値も下がり、ここまでの円安になったことも頷ける さて、グリーンピースが「自動車環境ガイド2022」を発 ...

トヨタ・ミライ

2022年8月の国内販売ランキング公開!トヨタはTOP10にわずか5台しか送り込めず、日産リーフは1位のヤリスを狙う。なおアウトランダーは前年比25倍の破竹の進撃

| トヨタはサプライチェーン不足によって想定外の苦戦を強いられているようだ | トヨタ、レクサス、ダイハツ以外は揃って前年比の販売をクリア さて、2022年8月の国内自動車販売台数が公開。全メーカーの ...

新型シビック・タイプR(FL5)に試乗!発表から2日で3年分の受注が集まったのにも納得、このクルマに「買わない理由」を見出すことは非常に難しいだろう

新型シビック・タイプR(FL5)に試乗!発表から2日で3年分の受注が集まったのにも納得、このクルマに「買わない理由」を見出すことは非常に難しいだろう

| 「日本製」となったことで品質はもちろん、そのコンセプトに至っても原点回帰を果たしたようだ | 正直、ここまで高い完成度を誇るとは想像もしていなかった さて、新型ホンダ・シビック・タイプRに試乗(残 ...

新型シビック・タイプR(FL5)を見てきた!(後編)インテリアの質感が著しく向上、さらにどこからどうみてもタイプRであることを主張

新型シビック・タイプR(FL5)を見てきた!(後編)インテリアの質感が著しく向上、さらにどこからどうみてもタイプRであることを主張

| 新型シビック・タイプRのインテリアは高級に、シンプルに、そして使いやすく | おまけに相当な開放感と余裕が感じられ、普段遣いでも不満に思うことはないだろう さて、新型シビック・タイプR(FL5)を ...

初代ホンダNSX「ワイドボディ」バーチャルカスタム登場!高い品質で内外装をカスタムしたNSXを専門的に手がければ一つの大きなビジネスになりそうな予感

初代ホンダNSX「ワイドボディ」バーチャルカスタム登場!高い品質で内外装をカスタムしたNSXを専門的に手がければ一つの大きなビジネスになりそうな予感

| 初代ホンダNSX」が「憧れだった」人々のいくばくかは、現在相当なお金持ちになっている可能性もある | その憧れを現代のクオリティとともに届けるビジネスも悪くない さて、日本車を中心に様々なバーチャ ...

シビック・タイプR

新型シビック・タイプRついに発売!先代比で10馬力アップ、40kg増、価格は+24万円。ただし細部に至るまでリファインされ、この価格なら絶対に「買い」だ

| 新型シビック・タイプRの開発コンセプトは「Fastest」、「Addicted Feel」、「Secure Feel」 | ちなみに室内にはフェイクサウンドが流されるようだ さて、先日発表がなされ ...

ホンダがLGとの合弁にて北米にバッテリー工場建設と発表。このバッテリーは北米で生産されるEVのみに搭載され、ホンダはあくまでも「現地調達」にこだわるようだ

ホンダがLGとの合弁にて北米にバッテリー工場建設と発表。このバッテリーは北米で生産されるEVのみに搭載され、ホンダはあくまでも「現地調達」にこだわるようだ

| この工場のバッテリー生産能力は非常に高いが、ホンダがそれを「使い切れるのか」はちょっと不安 | ホンダはここから急速にEVの生産販売を加速させる計画を持っているが さて、ホンダはソニーとの合弁、G ...

ホンダ

ホンダが「脱中国」?コロナや世界的な緊張感の高まりから(40%を占める)中国依存度を引き下げ、サプライチェーンを見直すとの報道

| なんだかんだ言って、コロナやロシアのウクライナ侵攻は企業の体質を強化することになりそうだ | やはり「神の見えざる手」は存在し、物事は落ち着くべきところへと落ち着いてゆく さて、ホンダが「中国依存 ...

新型ホンダZR-Vの先行展示を見てきた!内外装の質感はこれまでのホンダ車に比べて非常に高く、ある意味では「ホンダ車離れ」しているようだ【動画】

新型ホンダZR-Vの先行展示を見てきた!内外装の質感はこれまでのホンダ車に比べて非常に高く、ある意味では「ホンダ車離れ」しているようだ

2022/8/13    , , , ,

| 新型ホンダZR-Vは予想よりもかなり「高級」に見える | このデザインを最大限に活かすにはダーク系メタリックカラーを選んだほうがいいのかも さて、新型ホンダZR-Vを見てきたので紹介してみたいと思 ...

トヨタ・コンパクトクルーザー

2022年7月の国内販売ランキングに異変!トヨタはTOP10にわずか5車種しか送り込めず、最も販売を落としたブランドに。さすがにこのアクの強さに皆が飽きはじめたか

| トヨタのクルマは「初速は強くとも」、その後安定して売れ続けるクルマが多くはない | さすがにあのデザインのクルマがあれだけ出回ると飽きられてしまうのか さて、2022年7月の国産自動車メーカーにお ...

ホットウィールよりシビック50周年を記念し「ホンダ・シビック アニバーサリー」5車種が発売!日本に導入されなかったモデルも再現

ホットウィールよりシビック50周年を記念し「ホンダ・シビック アニバーサリー」5車種が発売!日本に導入されなかったモデルも再現

| 新しいモデルになればなるほどディティールの再現が難しくなり、実車との乖離が大きくなっているようだ | 鋳造の技術的限界を考えるとやむをえないところではあるが、技術革新を望みたい さて、今年はホンダ ...

シビック タイプRにはPHEVが将来的に登場?ホンダ「タイプRは究極のレスポンス、ドライバーとマシンの一体感という原則があるが、電動化によってもこれは実現可能」

シビック タイプRにはPHEVが将来的に登場?ホンダ「タイプRは究極のレスポンス、ドライバーとマシンの一体感という原則があるが、電動化によってもこれは実現可能」

| ただし重量や出力、価格などの「バランス」を取る必要があり、この作業は非常に困難だと思われる | それでもいずれは電動化へとシフトしなくてはならないことは間違いない さて、まだまだ発表の余韻冷めやら ...

ホンダADV150の購入を検討中!販売店に行ったらなんと「受注停止中」。バイクにもこの波がやってきたか・・・

ホンダADV150の購入を検討中!販売店に行ったらなんと「受注停止中」。バイクにもこの波がやってきたか・・・

| 今回の受注停止によってホンダADV150の購入はもうちょっと先になりそうだ | 実はボクはバイクに日常的に乗っている さて、ふと思い立ってホンダのスクーター、ADV150を購入しようかと考え中。ち ...

何この「実効空力デバイス」? ホンダアクセスから新型シビック・タイプR(FL5)向けのカスタムパーツ一挙公開、カーボン製リアウイングはちょっとした見もの

何この「実効空力デバイス」? ホンダアクセスから新型シビック・タイプR(FL5)向けのカスタムパーツ一挙公開、カーボン製リアウイングはちょっとした見もの

| もしホンダ・シビック・タイプRを購入することがあれば、このリアウイングだけは絶対に装着したい | さらには無限から登場するであろう機能パーツにも注目したい さて、ホンダはつい先日新型(FL5)シビ ...

新型ホンダ シビック タイプRのカタログよりエンジン出力が「330PS / 420Nm」と判明!まだまだホンダはシビック TYPE Rのボディサイズや重量などの諸元について未公開

新型ホンダ シビック タイプRのカタログよりエンジン出力が「330PS / 420Nm」と判明!まだまだホンダはシビック TYPE Rのボディサイズや重量などの諸元について未公開

| シビック・タイプRはその走行性能を前面に押し出している割に出力非公開なのはちょっと意外 | カタログにはWEBに出ていない情報も多数紹介されていそうだ さて、ホンダは先日新型シビック・タイプRを発 ...

新型シビック・タイプRに「2ドア」が存在したら?早速職人が「もしも」なレンダリングを作成

新型シビック・タイプRに「2ドア」が存在したら?早速職人が「もしも」なレンダリングを作成

| 先代まで存在した「シビッククーペ」は現在ラインアップされておらず、「2ドア」のベースモデルが存在しない状態に | できることならば軽量コンパクトなシビック・タイプRが「最後に」欲しかった さて、ホ ...

アキュラ(ホンダ)がル・マン24時間レースに向けて新型レーシングカー「ARX-06」のテストを開始!車体には「タイプS」のラッピング

アキュラ(ホンダ)がル・マン24時間レースに向けて新型レーシングカー「ARX-06」のテストを開始!車体には「タイプS」のラッピング

| 現在公開されている中では「珍しい」オレカ製シャシーを使用 | 現在、アキュラはエンジン型式含む詳細を公表していない さて、アキュラはつい先日、ル・マン24時間レース含む世界耐久選手権、そしてIMS ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5