ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

成長

ランボルギーニ

ランボルギーニが過去最高となった2022年上半期を振り返り、注力してきた3つの要素について語る!「勝つためのビジネス戦略とは、新しい状況に素早く適応することである」

| 自動車会社の経営は、もはや数年前とは全く異なるものとなっている | 性能が優れるのは当たり前で、そこから先の付加価値をどれだけ消費者に提供できるかが重要に さて、先日はフェラーリが好業績を発表しま ...

アストンマーティン

どうしてこうなった!2019年のアストンマーティンの利益が前年比「半分」に。”自動車業界最速”で成長したアストンに何が起きたのか

| 2019年はちょっとした「谷」だと考えられるが、経営者としてはその「谷」を作るべきではなかった | アストンマーティンが2019年の成績を発表し、「非常に残念な年になった」とコメント。簡単に言うと ...

ロールスロイス

ロールスロイスは2019年に25%成長し「116年の歴史で過去最高の販売を記録」。なぜロールスロイスはここまで富裕層に支持されるのか

| ロールスロイスは、意外やマーケティングに長けた会社だ | ロールスロイスが「2019年の販売は、前年比で25%伸びて5,152台になった」と発表。なお、この数字は116年の歴史を通じて「過去最高」 ...

世界自動車販売は2年連続で減少の見込み。原因は16ヶ月中で15回も大幅前年割れを記録する中国

| 中には単月で20%近く下落した月も。これだけ乱高下となると企業側もたまったもんじゃない | CNBCが報じたところによると、自動車の世界販売台数は年々減少している、とのこと。2019年の販売につい ...

ベントレー

ベントレーがV字回復を遂げ黒字化。日本ではなんと前年比87.7%の伸びを示し「史上最高」の台数を記録する可能性が大。その成長のヒミツとは?

| それはシックな高級さを持つロールスロイスに対し、きらびやかな高級さを押し出して差別化が明確になったから(だと思う) | レスポンスによると、2019年1月〜9月におけるベントレーのグローバル販売は ...

縮小続く自動車市場でレクサス好調、なぜレクサスは強いのか?「あのとき、リスクを取ってスピンドルグリルを拡大したからだ」

| 批判はあれども、そのメリットも大きかった | LEXUS LC500 ITメディアにて、レクサスが好調ということ、そしてその理由について考察した記事が公開。これによると、欧州市場では2019年上半 ...

ランボルギーニは2000年以降これだけ成長した!販売台数23倍、一台あたりの販売価格は2.1倍へ

| ランボルギーニは2000年代に入ってから販売台数で23倍、売上高は27倍になっていた | Lambocarsが、ランボルギーニにおける1990年台から2017年に至るまでの販売台数、生産台数、売上 ...

ランボルギーニの2017年は10%成長し3,815台。日本は堂々の二位、記録づくめの成長に

| すべての数字が好転 | ランボルギーニが2017年において10%の成長を記録し、3,815台をデリバリーした、と発表。 これは7年連続の成長となり、V10モデル(ウラカン)、V12モデル(アヴェン ...

アストンマーティンが強烈な成長。利益は前年比+84%、台数は+65%、一台あたりの販売価格も上昇

これは「始まり」にしかすぎない 業績好調が報じられるアストンマーティンですが、今年9月までの業績は「これまで以上に」好調だったことが判明。 その利益は実に前年比の84%増しとなって5億6700万ユーロ ...

アストンマーティン好調。利益はほぼ倍、販売台数も67%増。今後は有力新型車も控え大幅成長か

アストンマーティンの税引き前利益が約30億円を記録。 以前にはロータスが25年ぶりに黒字化とお伝えしましたが、歴史のあるイギリスの自動車メーカーが揃って好調なのはうれしい限りです。 アストンマーティン ...

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5