ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■ファッションや腕時計、雑貨など

「Apple Watch Series 8」「Apple Watch Ultra」「Apple Watch SE」発表!やっぱり目玉はこのアウトドア風味の新デザイン、アップルウォッチ ウルトラだな・・・

投稿日:

「Apple Watch Series 8」「Apple Watch Ultra」「Apple Watch SE」発表!やっぱり目玉はこのアウトドア風味の新デザイン、アップルウォッチ ウルトラだな・・・

| アップルウォッチ ウルトラはApple Watch史上最大、そして現行では唯一のチタンケース採用 |

そのほか平面ガラス採用、デジタルクラウンガードなどデザイン的相違も多い

さて、アップルコンピューターが新製品発表イベント、「Apple Event - September 7」にて新しいアップルウォッチ、「Apple Watch Series 8」「Apple Watch Ultra」「Apple Watch SE」を発表。

新型Apple Watchではデジタルクラウンが無くなるという事前のウワサもあったものの、デジタルクラウンはそのまま残され、基本デザインも既存モデルを踏襲しており、しかし目玉はアウトドア志向の専用デザインを持つ「アップルウォッチ・ウルトラ」が追加されたこと。

それぞれの価格と発売日は下記の通りです。

関連

  • Apple Watch Series 8・・・59,800円~(9月16日発売)
  • Apple Watch Ultra・・・37,800円~(9月16日発売)
  • Apple Watch SE・・・124,800円~(9月23日発売)
アップルがiPhone 14シリーズを発表!注目機能の一つは自動車事故の「衝突検知機能」、価格は119,800円~224,800円、9月16日より一部モデルを販売開始
アップルがiPhone 14シリーズを発表!注目機能の一つは自動車事故の「衝突事故検知機能」、価格は119,800円~224,800円、9月16日より一部モデルを販売開始

| アップルは様々な角度から「安全」を追求し、人々の健康を守っている |この記事のもくじ| アップルは様々な角度から「安全」を追求し、人々の健康を守っている |おそらく、こういったデータは開発中の「ア ...

続きを見る

今回発表されたApple Watchはこうなっている

まずはApple Watch Series 8から見てみたいと思いますが、アップルによればその特徴は「鮮明な常時表示ディスプレイ」「エッジまで広げたスクリーン」「皮膚温センサー搭載」。

ケース径は41ミリ~45ミリ(ディスプレイは394×484ピクセル)、ディスプレイはIon-Xガラスディスプレイ(アルミニウムケース)もしくはサファイアクリスタルディスプレイ(ステンレススチールケース)。

Apple-Watch-Ultra (6)

さらには「耐久性」という面においても強化が図られています。

Apple-Watch-Ultra (9)

そして女性に嬉しい機能が月経周期を理解するための「皮膚温センサー」。

Apple-Watch-Ultra (10)

もちろん、iPhone 14シリーズでも注目の機能として紹介された衝突事故検出機能も搭載しています。

Apple-Watch-Ultra (11)

そしてこちらはApple Watch SE。

廉価版(エントリーモデル)といった設定ですが、Apple Watch Series8との相違は、ケースが40ミリもしくは44ミリとなること(ディスプレイは368×448ピクセル))、ディスプレイがIon-Xガラス製のみとなること、常時表示ディスプレイではないこと、皮膚温センサーがないこと、光学式心拍センサーがひと世代前の「第2世代」となること、心電図アプリ非対応であること、高速充電非対応であることなど。

Apple-Watch-Ultra (13)

やっぱり注目は「Apple Watch Ultra」

そしてこちらはApple Watch Ultra。

「過酷な環境に負けない腕時計」というコンセプトを持ち、いわばアウトドアスタイルのApple Watchで、チタニウム製ケース、高精度2周波GPS、最大36時間駆動が可能なバッテリー(省電力モードでは60時間)、携帯電話通信機能、専用バンドなどがその特徴として紹介されています。

9

ケースは上述の通り(アップルウォッチシリーズで唯一の)チタン製、そして傷つき防止のためかサンドブラスト加工にて仕上げられ、そしてデジタルクラウンにはガード付き。

Apple-Watch-Ultra (3)

ケースサイズは49ミリ(アップルウォッチシリーズ最大)、そしてサファイアクリスタルは「平面」で、ケース周囲はそれを囲むように(ガラスを傷つけないよう)盛り上がるというデザイン。

Apple-Watch-Ultra (7)

文字盤は専用の「ウェイファインダー」機能を持ち、8つのコンプリケーションを表示可能。

なお、ナイトモードも備え、デジタルクラウンを回すとこの赤い文字盤表示へと切り替えることができるようですね。

Apple-Watch-Ultra (4)

そしてボタンが一つ増えていて、この「アクションボタン」はカスタマイズした機能を呼び出すために使用することになります。

Apple-Watch-Ultra (5)

そのほか、(助けを呼ぶための)サイレン、グローブを装着したままでも操作ができるよう「ちょっとだけ飛び出た」サイドボタン、水深計や水温計、耐水性能100メートル(通常のアップルウォッチは50メートル)、2倍の明るさを持つ画面(2,000ニト。Apple Watch Series8は1,000ニト)、幅広い動作温度(-20度から55度まで)など様々な機能を保有するようですね。※専用アプリを使用することでダイビングコンピューターとしても使用できる

Apple-Watch-Ultra (2)

ちなみにバンド(ストラップ)は専用デザインが用意され、「アルパインループ(チタン製のGフック付き)」「(ダイビングに向く)オーシャンバンド」「トレイルループ」が揃います。※44/45/49ミリケースに対応するので、既存Apple Watchの44/45ミリケースにも使用可能だと思われる

Apple-Watch-Ultra (8)

アップルの新製品発表イベント開催時の動画 / Apple Watch Ultraのプロモーションはこちら

参照:Apple

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■ファッションや腕時計、雑貨など
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5