ad-728





「>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)」 一覧

ホンダ・アキュラ関連のネタ、ニュースです。

ホンダ・シビック・タイプRをコツコツとチューンし765馬力にまで。ランボルギーニ、フェラーリ以上の出力へ

2018年アメリカで売れた車はこれ。意外やメルセデス・ベンツが圧倒的、王者カムリは陥落

ホンダNSX GT3がカストロールカラーにてスパ24時間に参戦。1993年にPPを獲得した組み合わせ





ホンダNSXタイプR登場とのウワサ。641馬力、ルックスはレースカーの”NSX GT3”風

アメリカにてC-HRが値下げ。日本とは異なりホンダ・ヴェゼルに勝てない状況を打開するため?

中国のバイク関連ショーに行ってきた。中華バイクを見てみよう

ad-itiran



中国を走る車にはどんなものが?漢字エンブレムをつけたBMWなどを見てみよう

新型シビック・タイプRがまた「FF最速」記録樹立。マニ・クールにて先代のタイムを5秒も更新

2018年4月の国産車登録状況に異変。トヨタが上位に返り咲く→どうやら値引きを拡大している模様

世界最大の自動車市場、中国。シェア1位はVW、2位はホンダ、そのほかのメーカーは?

米カーコレクター「マツダ・ロードスターは将来価値が上がる。初代プリウスも値が上がる」





ホンダが「MTの運転はこうする」という動画を公開。そこまでしないといけないほどMTは衰退?

ホンダがN-VANのティーザーサイトをオープン。助手席ピラーレス、フルフラットフロアで使い勝手の良さをアピール

ホンダが中国専用ブランド「理念」からピュアEVを発表。カーシェアに対応し2018年中に発売

ホンダがモンキー125を発表。デザインそのままで大型化、ランプ類は「LED」へ

価値が上がるクルマ、維持できるクルマ、下がるクルマはどうやって決まるの?市場理論を考える(後編)

価値の上がるクルマ、維持できるクルマ、下がるクルマはどうやって決まるの?市場理論を考える(前編)

米メディアによる「今後価値の上がるクルマ10選」日本からはシビック・タイプR、WRX STIが選出

米にて「最も修理・維持費用の安い」クルマランキング。トヨタ、ホンダが上位を占め日本車最強状態に

BMW M5はシャシダイ上の計測で625馬力。エンジン単体では780~840馬力を発生している?

4本のホイールが全て違う色。それでもなぜかマッチング良好なポルシェ911GT3

マツダとスバルはトヨタ比7倍のリコール率。それでもトヨタが見下され、マツダ/スバル人気の謎

ホンダ・シビック・タイプR(FK8)のチューニング一番乗り?米のチューナーが最高で58馬力のパワーアップ