ad-728





■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

次期レヴォーグ?スバルが”VIZIV TOURER”コンセプトの発表を予告。発表は3/6、11:15~

| 新しい”VIZIV(ヴィジブ)が登場 |

スバルがジュネーブ・モーターショーに「「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・ツアラー・コンセプト)」を出展する、と発表。
現時点では純粋なコンセプトカーにとどまるようですが、名称と画像から推測するにワゴンボディを持っており、次期レヴォーグを示唆する車であるのかもしれません。
なおお披露目は3月6日11:15(現地時間)に行われるプレスカンファレンスにて。
SUBARUからのプレスリリースはこちら

「VIZIV」が表すのはスバルの未来

「VIZIV(ヴィジヴ)」はスバルがコンセプトカーに付与する名称で、「Vision for Innovation=革新のための未来像」を表す造語。
トヨタがコンセプトカーに「FT(Toyota Future)」、レクサスでは「LF(Lexus Future)」という名称を関するのと同じ要領ですね(トヨタ/レクサスの場合はこの後ろに数字やアルファベットがつく)。

これまでSUBARUが発表した「VIZIV」だと直近では「ヴィジヴ・パフォーマンスSTIコンセプト」があり、これは次期WRX STIの予告版だとも言われるモデル。

その他だと「アセント」として発売されることになる”ヴィジヴ7”、

VIZIVフューチャー・コンセプト(2015)、

単なるヴィジヴ・コンセプト(2015年/ジュネーブ)といった車たちも。

なおスバルのデザイン的特徴としては、「グリルを大きく、ヘッドライトを小さく」する欧州的デザイン(BMWやアウディ中心。マツダもこの傾向がある)に対し、「グリルやヘッドライトなど、全てのパーツが大きい」というもの。
これはフォード(F-150には顕著)に代表されるようにアメリカ的なデザインだとも考えられ、こういったデザインを持つため、スバルはアメリカでも好調なセールスを記録しているのかもしれませんね。

↓こちらはフォードF-150。なぜかアメリカは大きなヘッドライトが好まれる傾向がある

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >スバル(SUBARU)
-, , ,