ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

デザイナーの考える「セレブ限定」レクサス”Kaze”。V8ハイブリッド、800馬力

2018/08/02

| レクサスらしいゴージャスなコンセプトカー |

CGデザイナー、Gabriel Hantig氏が考えたレクサスのコンセプトカー、「Lexus-Kaze
これは完全自動運転となる未来志向のクルマで、しかし2シータークーペという贅沢な一台。
ARやOLED、KERSといった技術を用いており、ほかにも軽量ホイール、アクティブエアロ含むカーボンファイバー製ボディを持ち合わせています。

動力性能に関するデータはなく、全長4566ミリ、全高1200ミリ、幅2040ミリ、重量1060キロ、そしてパワートレーンはV8ガソリンエンジンとエレクトリックモーターにて800馬力を発生、とだけ公開(面白いのは”想定価格”も発表されていることで、6700万円程度、とのこと)。

セレブ限定仕様

なお、このレクサス”KAZE”は起業家やセレブ、カーエンスージアストを対象とした豪華仕様。
サイズの割に「定員2名」というところからもわかるとおり、贅沢極まりないクルマです。

lexus-concept (3)

リアはこんな感じ。
かなり独特のデザインを持っていますね。

lexus-concept (2)

サイドウインドウはなく、「完全自動運転」が基本だと言えそう。
そして自動運転を備えるのに対して「ガソリンエンジン搭載」というところが珍しく、このあたりはさすがターゲットに「カーエンスージアスト」が入っているだけある、と思います。

lexus-concept (4)

なお、多くのアーティストがデザインスタディの素材としてポルシェやフェラーリ、ランボルギーニを選ぶ傾向にありますが、何故かレクサスは少なめ。
ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニを選択するのは「既存デザイン言語を下敷きにして、自分の主張を表現しやすい」からだと思われ、それは各メーカーのデザインが確立されていたり、歴史がしっかりしているからだ、と考えています。

ですがレクサスは歴史が浅いながらも「スピンドルグリル」はじめ特徴的なヘッドライトやテールランプなど「わかりやすい」特徴を持ち、なによりも「高級」という心の通った価値を持っていて、意外と素材としては「使いやすい」かもしれず、もっとレクサスをモチーフにしたレンダリングが増えても良さそうなのに、と感じています。

あわせて読みたい、レクサスのコンセプトカー関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , ,