ad-728





>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari)

ホンダNSX(初代)は1500万円の価値がある?ちょっと見てみようという動画

2017/01/18


おなじみのユーチューバー、Doug DeMuro氏が「初代NSXは市場価格なりの価値があるのか」ということを動画で解説。
アメリカだとホンダ(アキュラ)NSXは前期モデルだと1000万円前後の価格ですが、後期モデルになると一気に1500万円ほどの相場に。
これは新車価格を超えた価格であり、同年式のランボルギーニ・ガヤルドやフェラーリ360モデナに比べても10-20%高い価格となります。

なおNXSはV6エンジン、フェラーリ360はV8、ランボルギーニ・ガヤルドはV10。
V8フェラーリ、V10ランボルギーニが新車価格に比べて60%程度の価格になっているの対し、なぜNSXはそれらより高いばかりか新車の120%という中古価格になっているのか?ということですね。

ぼくは当時新車でホンダNSXを購入しようとしたことがありますが(10年ローンで)、それでも現在の中古相場は「高すぎ」だと考えており、それはアイルトン・セナが開発に参加したということや、ホンダ(日本車)がはじめて世界にその力を示したスーパーカーであるという「スピリチュアルな部分」が反映された相場だと考えていたものの、動画の解説においては「なるほどな」と思う部分が多数。

動画では日本車ならではのスイッチなど操作部分における機能性やわかりやすさ、

構造のロジカルさなどを挙げていますが、たしかに納得できる部分が多いですね(購入を検討していた当時もそこまでは考えていなかった)。

加えてですが、同年式のフェラーリやランボルギーニを購入すると相当な不安があり、かつ維持費もかなり高くつくであろうことを考えると、ホンダNSXは同年式のイタリアンスーパーカーに比べて「壊れにくく、維持しやすい」車と言えそうです。

しかしこのDoug DeMuro氏は目のつけどころが面白く、かつ様々な視点において他の車との比較を適切に行っており、しかも「いいところを探す」という姿勢が独特。
とにかく車が好きなんだろうなあということがヒシヒシと伝わってきますが、見習いたいところも多い、優れた解説者の一人ですね。

動画ではNSXの細部に触れており、かつ実際に試乗も行っていて、意外と知られていないNSXの一面も見ることができます。

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , ,