■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M2のインテリアがはじめて目撃。なおボディパーツの多くはカーボン製とのウワサ

| 一説によると「想像するよりも遥かにアグレッシブな外観を持つ」という話も | 色々とウワサの絶えない期待のニューモデル、BMW M2 CS。これまでにも様々なスパイフォトが公開されていますが、今回は「インテリア」がはじめて捉えられることに。なお、今のところBMW CSについての確たる情報は少なく、すべては「ウワサ」程度にとどまります。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

BMW 8シリーズ”グランクーペ”発表!ドアが二枚増えて全長23センチ長く。より優雅なスタイルへ

| もしかすると8シリーズ「クーペ」よりも人気化するかも | 先日フルヌード状態がリークされてしまったBMW 8シリーズ・グランクーペ。今回はついにBMWは公式にて正式に発表される運びとなっています。その姿はすでにリークされたとおりではありますが、8シリーズ・クーペと共通したフロントを持ち、しかしフロントウインドウ以降は「専用」デザインに。フロントウインドウは8シリーズ・クーペに比較して「やや角度が立っている」ようで、ルーフも少しだけ高くなっている、とのこと。

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

【動画】今度はフェラーリ458のトランスミッションを「マニュアル」にスワップ。作業したショップには相当数のスワップ依頼が舞い込むことに

| 世間はこれほどまでにMTに対する飢餓感がある | いつの時代も高い価値を誇る「マニュアル・トランスミッションを持つフェラーリ」。フェラーリがセミオートマティック・トランスミッション「F1」を導入した後はマニュアル・トランスミッションの販売比率が大きく下がり、MTが「希少」となってしまったこと、458以降はフェラーリがそもそもMTを製造しなくなったことから「ないものねだり」となっているのがその理由の一因だと思われます。

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

息を呑むほどに美しい内外装を持つフェラーリ458スペチアーレAの中古車が販売中。NA最後のミドシップという希少価値もあって9400万円

| フェラーリ458スペチアーレの売り物はめったに出てこない | 2014年に販売されたフェラーリ458スペチアーレA。458スペチアーレA(アペルタ)は458スペチアーレのオープン版ですが、フェラーリの常として「オープンモデルを少なく作る」というものがあり、そのため限定台数はわずか499台という超レアモデル。458スペチアーレシリーズ自体は「458イタリア/458スパイダー」のハードコアモデルという位置づけになるものの、これが特別扱いされるもう一つの理由は「フェラーリV8ミドシップ最後の自然吸気」だから ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「スーパーカーは作らない。なぜならばM8がスーパーカーそのものであり、ポルシェ911ターボにも勝るからだ」

| BMWはM8に対してあまりに自信満々 | 「BMWは新たにスーパーカーをリリースする予定はない。なぜならM8がスーパーカーそのものだからだ」。 これはBMW M部門のボス、マークス・フラッシュ氏がカーメディア、「Which Car 」に対して語ったものですが、さらには「M8はBMWでもっともニュルブルクリンクを速く走ることができるクルマであり、我々が提供できる”究極の”ハイパフォーマンスカーだからだ」と続けています。 さらにマークス・フラッシュ氏は「M8はポルシェ911ターボキラー」でもあると語るなど ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

スピンドルグリルが巨大に?レクサス「GX」がフェイスリフトし、押し出しの強いアグレッシブな顔つきに

| 変更内容はさほど大きくなく、しかし一気に”レクサス顔”に | レクサスがGX初のフェイスリフト(マイナーチェンジ)を行い、スピンドルグルルが巨大化した新型GXを発表。レクサスGXはランドクルーザープラドのレクサス版ということになりますが、日本には未導入。なお、日本でのレクサスSUVは下から「UX」「NX」「RX」「LX」という構成ですが、もし「GX」が発売されることになれば、RXとLXとの中間ということになりますね。

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

カーレックスがマクラーレン720Sの内装カスタムを公開。3D技術を使用した立体的な仕上がりに

| この内装が手に入るのであれば数百万の支出も悪くない | ポーランド拠点の内装スペシャリスト、カーレックス・デザイン(Carlex Design)がマクラーレン720Sの内装カスタムを公開。例によって「内装総張替え」ですが、、単に素材を置き換えるだけではなくダッシュボードやシート、ステアリングホイールはオリジナルデザインによってドレスアップされることに。なお、先日公開した日産GT-R同様、そのカラーはブラックとレッド。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMW M5コンペティションがニュルにて「セダン歴代2位」「BMW歴代2位」の7:35.90を記録。そしてBMWは「Vision M Next」の発表を予告

| ヴィジョンMネクスト・コンセプトはテクノロジーとドライビングプレジャーとを融合 | BMW M5コンペティションがニュルブルクリンクにて7:35.90というタイムを記録。これはニュルブルクリンクのランキングだとだいたい68位あたりに位置するタイムで、ポルシェ・パナメーラ・ターボの7:38.00よりも速いタイム。ただ、残念なことにセダン最速のアルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオの7:32.00にはおよばず、「セダンでは2位」。なお、4ドア「クーペ」だとメルセデスAMG GT63 S 4MATICが ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】マクラーレン・スピードテールを注文した富豪が仕様決定のためマクラーレン本社へ。「最終的に2つに絞ったが決めきれない。どちらがいいと思う?」

| マクラーレンからもらったお土産もあわせて披露 | 先日、自身のガレージを紹介し、新しくフォードGT、マクラーレン・スピードテール、ケーニグセグ・ジェスコ、ブガッティ・シロン・エルメス、メルセデスAMG ONEが納車されることを明かしたアメリカ在住の富豪、マニー・コシュビン氏。今回はマクラーレン・スピードテールの仕様を決定するためにマクラーレン本社を訪問した際の様子を紹介しています。 富豪が自身のガレージを紹介。「エルメス仕様のシロンがもうすぐ納車だ。スピードテール、AMG ONE、ポルシェ935、フォ ...

ReadMore

>その他イタリア車

ピニンファリーナ・バッティスタがアートカーに!ダ・ヴィンチ没後500年を記念しロズベルグ、ハイドフェルドという二名の元F1ドライバーがアンヴェール

| この二名が揃うのはなかなかレア | ピニンファリーナの新型ハイパーカー「バッティスタ」がアートカーに変身。これはレオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年を記念したもので、大英図書館にて開催される「A Mind in Motion」と題された催しにて展示される、とのこと。そしてこのピニンファリーナ・バッティスタをアンヴェールしたのはなんとニコ・ロズベルグとニック・ハイドフェルドという二名の「元F1ドライバー」。 加えてピニンファリーナ・バッティスタを公に見ることができる機会はまだなく、非常にレアな展示だと ...

ReadMore

軽自動車

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ダイハツ(DAIHATSU) ■近況について ■ニュース

【大阪オートメッセ】オフローダー風コペンも登場!軽自動車やハイエースのカスタムも熱かった!

軽自動車を購入して「思いっきり」カスタムするのは楽しそうだ さて、大阪オートメッセ、今回は軽自動車そしてハイエース編を紹介したいと思います。それぞれかなり大きなスペースを割いており、かなりな人気がある ...

>アウディ(Audi) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >スズキ(SUZUKI) >ダイハツ(DAIHATSU)

2018年の乗用車/軽自動車/輸入車の人気モデルがひと目でわかる!グラフにすると意外な事実が見えてくる

メルセデス・ベンツはCクラスとEクラス以外は売れていなかった ソニー損保が毎年公開している、「登録台数ランキング」。これは輸入車(2003年から)、軽自動車(2006年から)、普通乗用車(1989年か ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >スズキ(SUZUKI) >ダイハツ(DAIHATSU) ■駄文(日々考えること)

ふと疑問に思った。なぜ軽自動車は魅力的なデザインが多いのに乗用車はそうではないのか?なぜホンダS660は軽自動車でなくてはならなかったのか?

乗用車も軽自動車のようなデザインを採用すればもっと売れそうなのに スズキが発売した「スペーシア・ギア」。スペーシア、スペーシア・カスタムに続く「第三の」スペーシアとなりますが、これは実に魅力的なスタイ ...

■自動車・バイクの購入検討/比較など >スズキ(SUZUKI)

新型スズキ・ジムニーを購入するとオプション・諸費用込みで230万円くらい。その詳細を見てみよう

| 新型スズキ・ジムニーの乗り出し価格はこんなイメージ | suzuki jimny japan さて、外装、インテリアについてお届けしてきた新型スズキ・ジムニーですが、今回は乗り出し価格がいくらにな ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ダイハツ(DAIHATSU) ■ニュース

納車待ちまで出たホンダ660は今売れているのか?ダイハツ・コペンと比べると?

| あの人気車は今? | 東洋経済にて、「ホンダS660とダイハツ・コペンは発売後にも継続して売れているのか?という記事。 ホンダS660は「軽規格のミドシップ」ということから「ホンダ・ビートの再来」 ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ホンダがN-VANのティーザーサイトをオープン。助手席ピラーレス、フルフラットフロアで使い勝手の良さをアピール

| ホンダがN-VANのティーザーサイトをオープン | ホンダが近日発売予定のN-VAN(Nバン/Nヴァン)のティーザーサイトをオープン。 ホンダはマイナーチェンジを行なったフィットやヴェゼル、レジェ ...

■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

昔は軽自動車が軽視されていたものの、今ではそういった風潮がなくなった理由を考えてみた

2017/12/23    ,

昔は軽自動車に乗っているとバカにされたものだった ふと思ったのですが、ときどき「昔は軽に乗っているとバカにされた」と言われますよね。 裏返せば「今は軽に乗っていてもバカにされない、ということになるのだ ...

■その他自動車関連ニュース・ネタなど

クルマデート支持派は73%!助手席に乗るなら「スポーツカー」が1位で30%の支持を集めていた!

意外な結果に驚き。今すぐスポーツカー買おう blog パーク24が恒例の、タイムズクラブ会員対象アンケートの結果を公開。 今回は「クルマでのデート」がテーマになっていますが、「クルマ離れ」が叫ばれる現 ...

>ダイハツ(DAIHATSU) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

軽自動車(バン)にしばらく乗って考えたこと。「車とはこうやって走らせるものだ」

2017/12/9    , ,

ぼくは軽自動車にしばらく乗っていたことがある blog ぼくは、以前ちょっとした成り行きで1年ほど軽バンに乗っていたことがあります。ダイハツ・ハイゼット、通称「天晴」。 これがまたスンゴイ非力なわけで ...

>ミニ(MINI) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること) ■服や小物、時計、雑貨など

「安い」と「貧乏くさい」は違う。製品の価格とステータスを考える

安価なもの=貧乏くさいわけではない 安いものや小さいものは「貧乏くさい」という一般的な認識がありますが、一部は正しく、また一部はそうではない、とぼくは考えています。 たとえば軽自動車=貧乏くさいと世間 ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)

【試乗】ホンダN-BOX。軽自動車だからと言って何も我慢しなくていい、クラスを超えた一台

日本一売れている車の後継モデルも日本一売れるのか? ホンダN-BOXに試乗。 N-BOXというと軽自動車で17カ月連続販売トップを記録し、しかもそれが「モデルチェンジ直前まで」続いたという驚異的な大ヒ ...

■その他自動車関連ニュース・ネタなど

オリンピック・パラリンピックナンバーも交付開始。「軽自動車に白ナンバー」が今後は普通に?

10月10日より交付開始。ラグビーナンバー同様、軽自動車も白ナンバー装着可能に 10月10日より「東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会 特別仕様ナンバープレート」が交付開始。 すでに8 ...

>スズキ(SUZUKI) >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

スズキの軽自動車をベースにした、超絶クオリティの「ランボルギーニ・ミウラSVR」レプリカが話題に

Gazooにて、「世界に1台しか存在しない、ランボルギーニ・イオタSVR仕様のスズキ CARA(フル公認)」という記事が公開に。 これを見るとこのレプリカを作り上げたオーナーさんの情熱に感服するよりほ ...

■その他自動車関連ニュース・ネタなど

軽自動車も「白ナンバー」取得可能に。申し込むだけで現在の数字と同じプレートが交付

4月から軽自動車でも「白ナンバー」の取得が可能に。 これは4月から国土交通省によって交付される「ラグビーワールドカップ2019」特別仕様ナンバープレートを選択すると軽自動車でも「白ナンバー」になる、と ...

■その他自動車関連ニュース・ネタなど

新成人の車に対する意識調査。「軽自動車でのデートはアリ」と答えた女性の割合は?

ソニー損保が「新成人のカーライフ意識調査」を発表。 これによると、大まかには下記の通りとなっています。 新成人の運転免許保有率55%  オートマ限定」の比率は4年で12.7ポイント増加 新成人のマイカ ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.