>フェラーリ(Ferrari)

「世界に一台のボディカラー」を持つフェラーリF12tdfが中古市場に。価格はやはり1億オーバー

投稿日:2017/09/29 更新日:

欧州拠点のエキゾチックカーディーラー、ジェームズ・エディション(James Edition)にて、”世界に一台”のボディカラーとされるフェラーリF12tdfが販売中。
このボディカラーは「Blu Elettrico(ブルー・エレットリコ)」とされており、シルバーのホイール/ブレーキキャリパーとの組み合わせがなかなかに爽やか。

さらにはカーボン製のオプションパーツ(フロントバンパーの一部、サイドスカート、エアベント、リアパネル、ディフューザーなど)も装着。
そしてこのフェラーリF12tdfを「さらに特別」たらしめているのはエンジンカバーに入ったセバスチャン・ヴェッテルとキミ・ライコネンのサイン。

車両データとして、走行距離は3,500キロ、価格は約1億500万円。
F12tdfは799台限定となり、当然ながら入手が非常に困難であったモデル。
中古相場についても「1億」を挟んで安定している限定フェラーリ(スペチアーレ)です。

なお、ボディカラーは相当なバリエーションがあり、これまで多かったレッド、イエロー、ブラックのほかにもシルバー、ブルー、グリーン、グレーといったこれまでのフェラーリ(とくに限定モデルには)には珍しいボディカラーが多いことも特徴。

加えてストライプや塗り分けをオーダーする顧客も多く、799台限定のうち、ほとんどが「その個体一台のみの仕様」となっているんじゃないかと思えるほど。
ペイントのフィニッシュも「マット」を選ぶケースが見られます(これもフェラーリには珍しい)。

インテリアに使用されるカーボンは「マット仕上げ」。
外装に「グロス仕上げ」カーボンとの対比が目を楽しませてくれます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5