>ポルシェ911関連

生産わずか6台、964世代のカレラRS"ツーリング"がオークションに。予想では最高3000万円

投稿日:2017/10/03 更新日:

生産わずが11台のみの964世代「911RS」がオークションに登場予定。
ポルシェは新車時にRSに対し「スポーツ(ライトウエイトとも呼ばれる)」「ツーリング」を設定していますが、その顧客のほとんどが「スポーツ」を選択(そのため964RS=ライトウエイト、という印象すらある)。
今回オークションにかけられるのはイギリス向けの右ハンドル仕様ですが、11台のうち右ハンドルは6台しか存在しない、とのこと。

964RSは同世代の「カレラ2」のハードコアバージョンで、エアコンやオーディオ、セントラルロッキング、パワーステアリング、遮音材など快適装備を取り外して120キロの軽量化を行い、そして足回りを固め、10馬力だけ標準よりパワフルな260馬力を発生するエンジンを搭載。

このシートカラーは当時の特色なのか、以前にオークションに出品された、同じ世代の911ターボも同様の内装を持っていましたね。

5

フライホイールも軽量なものへと置き換えられてレスポンス向上が図られ、エンジンマネジメントシステムも変更。

3

当時は日産R32GT-Rが猛威を振るっていた時期ですが、GT-Rがツインターボ+アテーサ4WDというハイテク武装であったのに比較し、964RSは「軽量化、足回りを固める」という王道にて対抗してきたのが面白いところ(これがポルシェの一つの回答と言える)。

964世代のスペシャルモデルはいずれも高価ですが、やはりこのカレラRSも例に漏れず、予想落札価格は最高で3000万円程度ではないかと見られています。

6

2

VIA:silverstoneauction

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ911関連
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5