>ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニ・ウルスの試乗レビューが早速登場。「0-100加速3.3秒」「最高速302キロ」「サーキットではウラカンより速い」

投稿日:2017/11/23 更新日:

現時点で最速のSUVとなるのは間違いなさそう

ランボルギーニがプロトタイプを使用したウルスのメディア向け試乗会を開催し、その内容をAutomobile Magazineが公開。
これはイタリアのナルド・サーキットにて行われたイベントで、その姿はまだカモフラージュ用のシートで覆われたまま。
しかしランボルギーニは実際に新工場にて7月からプリプロダクションモデルを生産していると言われ、プロトタイプといえども、実際の生産モデルと同様の施設で、同様の工作機機械やパーツを使用して組み立てられたものと考えられます。

試乗イベントに用意されたウルスは3台

ナルド・サーキットでの試乗に先駆けグラベル、砂上、オフロードでもテストドライブが行われており、よって雪以外ではウルスの性能をほぼ全て試すことができたと言えそうですね。
さらにナルドではスキッドパッド、ローンチコントロールを使用してのテストも実施された模様。

外観についてはフェイクのパーツが付与されるなどレビューできる段階ではなかったようですが、(当然ながら)ウインドトンネルを使用してエアロダイナミクスを向上させていること、NASCAR用のレーシングマシンよりも強力なダウンフォースを発生する、と説明を受けたとのこと。

urus2

エンジンは4リッターV8ツインターボで650馬力を発生し、サーキットでの走行はドリフト可能なほどにリア寄りのトルク配分となるようで、8速オートマティックの変速は素早くスムーズ、としています。
アヴェンタドールはV12+ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド=シングルクラッチ)、ウラカンはV10+LDF(ランボルギーニ・ ドッピア・フリッツィオーネ=デュアルクラッチ)を持っているので、ウルスはこのいずれともエンジンやトランスミッションの共有はなく、ランボルギーニの発売する「3つのモデル」はそれぞれ異なるエンジン、トランスミッションを持つことに。

内装のデザインイメージはこれまでの「ヘキサゴン」に加えて「タンブーロ」、つまり「太鼓」とのことで、これはセンターコンソール上に配置されたエンジンスターターやドライブモード(アニマ=ANIMA)のさレクターにおいてそれは再現。
操作系においては同じMLB EVOプラットフォームを使用するアウディQ7やポルシェ・カイエンとの類似性があるようですね。

urus



これらアウディQ7やポルシェ・カイエンとの最大の相違は「ロングホイールベース」で、これはベンテイガとほぼ同一。
ただしその目的についてベンテイガにおいては「室内空間の拡大」、しかしランボルギーニ・ウルスにおいては「スタビリティ向上」だとしており、その最高速度はスタビリティを活かし時速303キロとなるようです。
この「302キロ」はベンテイガの誇る301キロ、新型ポルシェ・カイエンの289キロよりも高い数字で、「世界最速SUV」になるのは間違いなさそう。

4WDシステムもアヴェンタドール、ウラカンとは異なる

数字面だと重量は1995キロ、0-100キロ加速は3.7秒ということも明かされたそうで、これもベントレー・ベンテイガの4.8秒、ポルシェ・カイエン・ターボの3.9秒を大きく凌駕する数字。
ただし驚くのは今回のテストでは0-100キロ加速について「3.35秒」というタイムを記録した、とも報じています。
実際にそのスピードは驚くべきもので、ナルド・サーキットでのコーナー各セクションでのスピードはウラカンよりも「速い」ほど。

なおもちろん4WDを採用するものの、ウラカンに与えられるハルデックス5とは異って、ウルスではセンターにトルセン式のデフ、リアには機械式のロック可能なデフを持っており、ハルデックス5のように「内輪にブレーキをかけて」相対的に外輪のトルクを増す「トルクベクタリング」は行われないようですね。

urus4

そのほかの装備としては48Vシステム採用がトピックとなり、これは新型ポルシェ・カイエンにて採用されたものと同じだと思われます(エアコンやサスペンションをより素早くコントロールする)。
ブレーキについて、試乗車にはカーボンセラミックディスクが装着されていたようですね。

グレードはまず「一種」からのスタートで初期の展開ではオプションパッケージはなし、ただしカーボン製のルーフが選べる模様。
加えて既報の通りPHEVも開発中だと述べています。

レビューにおいて「気になった」のはサポートの足りないシート、フロントのピッチ(加速・減速両方において。特にレイトブレーキだと気になる様子)、シフトがスムーズすぎる(スポーツカー的ではない)、ということ。
ただしこれらはサーキットでの走行でないとまず気にならないところだと思われ、市販までに改善される部分もあるかもしれませんね。

あわせて読みたいランボルギーニ・ウルス関連投稿

なぜかアップされたのち即削除されたランボルギーニ・ウルスの動画。サーキット走行を披露
発表まで二週間切った。絶賛オーダー受付中、ランボルギーニ・ウルスの最新動画「品質」が公開に
ランボルギーニ・ウルス三つめのモード「TERRA」。メーター表示はアヴェンタドール風であることも明らかに
え?これがランボルギーニ?やたら質感が高くオシャレなウルスの内装画像が流出
ランボルギーニが新型SUV、ウルスの最新プロモ動画を公開。マフラーは丸4本出しへ変更
ランボルギーニがさらに新動画公開。完成したウルスが本社駐車場へと次々集められている模様
ランボルギーニがウルスの最新動画を公開。ドライブモードは6つ、「砂漠」「泥」「雪」もある
ランボルギーニが新工場の様子を動画にて連続公開。新型車ウルスのテスト風景や製造状況もあわせて紹介
ニュルを走るランボルギーニ・ウルス。これで目撃は4回目、ちょっとづつその外観は変更に
ランボルギーニが新工場の稼働を動画で公開。製造中のウルスもちょっとだけ登場

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5