>ランボルギーニ(Lamborghini) >その他イタリア車

再現度高し。あの「アリタリア」カラーのランボルギーニ・アヴェンタドールSVが目撃に

投稿日:2017/12/12 更新日:

あの「アリタリア」カラーをアヴェンタドールに

アリタリアカラーのラッピングが施されたランボルギーニ・アヴェンタドールSVが登場。
アリタリアはイタリアの航空会社で、「アリ(翼)」と「イタリア」とで「アリタリア」。
現在はアブダビのエディハド航空傘下にあり、元フェラーリCEO、ルカ・ディ・モンテゼーモロ氏が会長を努めていることでも知られます。

実はこのカラーのレースカーが走ったのは数年間のみ

ランチア・ストラトスのワークス仕様(1977)がアリタリアをメインスポンサーに持ち、そのため「アリタリア・カラー」を身にまとっていたことは非常に有名。

こちらがそのランチア・ストラトス×アリタリア。
ほかにもランチア・ベータ・クーペ、アバルト125/131などにも同様のカラーリングが見られるものの、やはりその車の特異性からしてランチア・ストラトスが最も有名。
ストラトスがこのカラーを身にまとったのは1976-1977年だと言われますが、わずか2年間でこのカラーリングが世界的に知られるようになった、ということですね(そのため今でもアリタリアカラーのラッピングを施すケースが見られる)。

b0053320_502a0a143c053

アリタリアの機体はこんな感じ

こちらはアリタリア航空の飛行機。
現在は胴体部分のグリーンのライン、「ALITALIA」の文字の位置が異なっていますが、かなりこのカラーが車体に忠実に反映されていたこともわかります。

alitalia

けっこう再現度は高い

そしてこちらが今回のランボルギーニ・アヴェンタドール。
スポンサーロゴも入ってけっこうヤル気。
フロントバンパーサイドにはサインも見られ、なにかのイベント用に製作したものかもしれませんね。

lamborghini-aventador-alitalia (2)

おそらくはホイールもランチア・ストラトスを意識したカラーへとペイントされているようで、けっこう手の込んだカスタムとも言えそうです。

lamborghini-aventador-alitalia (1)

リアバンパーには「LANCIA」のロゴも見え、オリジナルのランチア・ストラトスに敬意を払っているということもわかります。

lamborghini-aventador-alitalia (3)

VIA:Autogespot

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f