>ポルシェ911関連

最後のNAエンジン搭載GTモデル?新型ポルシェ911GT3RSが公開。ヴァイザッハ・パッケージも選択可能

投稿日:2018/02/21 更新日:

| ついに911GT3RSが正式発表 |

ポルシェが新型911GT3RSを発表。
実車はジュネーブ・モーターショーにて公開の予定ですが、今回はまずオフィシャルフォト(先日リークされたものと同じですが高解像度)、そして改めてスペックが公開に。
スペックはリーク通りですが520馬力、そして0-100キロ加速は3.2秒、最高時速は時速312キロ。

ポルシェはここ1年でGTスポーツカー(911GT3/911GT3/911GT3RS)を3台発売

ポルシェにとって最近立て続けに「GT」モデルを発表することとなっていますが、これはいまだかつて無いほどの勢いでもあり、ウワサされるGT部門の強化も肌で感じるところ。
なおポルシェが公開した内容によると、新型911GT3RSの内容は下記の通り。

エアロダイナミクスとレーシング仕様のインテリア

ポルシェは内外装において、911GT3RSは「レーシングカーの公道仕様」と表現。
カーボン製フルバケットシート、ハンドルではなく「ループ」によって開閉される軽量ドアインナーパネル、遮音材の省略、新型軽量リアリッドを「レース直系」だと述べています。

GT3

520PSのパワフルな自然吸気エンジン

エンジンは4リッター・フラット6ながらも出力は520馬力に。
911GT3比で+20馬力となり、レブリミットは9000回転。
GT系といえども次期モデル(992)では「ターボ化」されると言われ、となると今回の911GT3RSは「最後の自然吸気エンジン搭載のGTモデル」ということになりそう。
なお組み合わされるPDKには専用チューンが施されている、とのこと。

GT3-4

モータースポーツ生まれのシャシーとクラブスポーツパッケージ

まさに「モータースポーツ直結」なのが911GT3RSのシャシー。
全てのアームに使用されるジョイントは「ボールジョイント」。
もちろんゴムブッシュではないということですが、これがダイナミックな乗り味を演出することになるのだと思われます。
ホイールはフロント20インチ(タイヤは265/35)、リア21インチ(325/35)。
なお「クラブスポーツパッケージ」は無償オプションとなり、ロールオーバーバー、消化器、キルスイッチアダプター、6点式シートベルトがその内容。

GT3-3

ヴァイザッハパッケージとマグネシウムホイールによるさらなる重量削減

918スパイダー、911GT2RSで用意された「ヴァイザッハ・パッケージ」がオプション設定に。
内容としては「シャシー、インテリア、エクステリアに対するカーボン部品の追加」、そしてマグネシウムホイール(911GT2RSと同じ?)も。
これの装着によって重量は1430kgまで低減できる、とのこと(標準での重量は不明)。

6

現在のところ価格や納車時期、ボディカラーや価格についての情報はなく、しかしポルシェ・ジャパンのサイトでは911GT3RS専用ページが公開済み

ぼくは過去に911に乗っていた経験上、「もう911を買うことはないだろう」と考えていたものの、正直今回の911GT3RSは「ちょっと欲しい」と考えることも。
そのアグレッシブなスタイル、あまりにスパルタンな仕様、そしてなにより「最後の自然吸気エンジン搭載モデルになるかも」というレア感にくすぐられてしまうわけですね。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ911関連
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5