>アストンマーティン(Astonmartin)

【動画】職人がコツコツ作るイメージのアストンマーティン。実はほとんどロボットが製造していた件

投稿日:2018/03/19 更新日:

| 実はけっこう近代的だった |

アストンマーティンがDB11製造工程を動画にて公開。
アストンマーティンというと「手づくり」というイメージがあったものの、実際は「ほとんどがロボット」で製造しているようですね。
なお同社はブランド初のSUV「DBX」製造工場用地として英国空軍基地跡地を取得していますが、こちらはさらに「進んだ」工場となるのかもしれません。

ボディカラーはグレーが圧倒的

塗装もロボットで。
これはほかメーカーだと「当たり前」ではありますが、アストンマーティンというと「職人」というイメージがあっただけに驚き。
アストンマーティンは最近までずっと赤字続きでしたが、こういった設備投資も赤字の原因の一つだったのかもしれません。
加えて品質向上も大きな課題であったとされ、そのためにロボットを導入したのかもしれませんね。

aston2

シートのステッチも自動にて。
なおランボルギーニの工場を見学した時、ここは「職人による手縫い」であり、これも意外やアストンでは先進的な技術を取り入れている、ということに。

aston1

塗装された車体はロボットが輸送。
エンジンやパワートレーン、サスペンションについては「見せられないよ!」なのか動画で出てくるのはほんのちょっと。

aston4

最後の点検が行われ、そして仕上げは職人の手によるハンドポリッシュ。

aston3

それでは動画を見てみよう

こちらがそのアストンマーティンDB11(それ以外のモデルももちろん出てくる)ができるまでを収めた動画、「How it's made: Aston Martin DB11」。

あわせて読みたい、自動車メーカーの工場関連投稿

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5