■新型車情報/スパイフォト/噂など >スズキ(SUZUKI)

新型ジムニー出撃準備完了?工場裏にて、生産が完了し待機する一団が目撃に

投稿日:

| 新型ジムニーは出撃準備完了? |

スズキ工場の裏で目撃されたという新型ジムニー(JIMNY)。
動画ではその詳細がわかりにくいものの、これまでスパイフォトで目撃されたきたような「ボクシー」なスタイルを持っていることが確認できます。
なお、これだけの量があるということは「量産」にかかっていると考えてよく(プリプロダクションモデルにしては数が多い)、発表が”近い”ということなのかもしれません。

おそらく発表は東京モーターショー

現在のところ仕様については全く不明ですが、ルックスについては「先祖返り」風となり、ウインドウやボンネット等などは「平面」に近くなるであろうこともこれまでのプロトタイプから推測できるところ。
ただ、ヘッドライトなどディティールは「最新の構造やデザイン」となり、”シルエットはレトロ、細部は最新”といったことになりそう。

今回の工場裏に停めてある新型ジムニーと思しき車両を見ると、ボディカラーにはブラックのほかブルー、ベージュ、グリーンも。
このグリーンはトヨタ・プリウスでもおなじみですが、アストンマーティン・ヴァンテージでも採用されるなど「流行の兆し」があるカラー(もしかしたらスイフトのイエローと同じで、画像処理の関係でグリーンに見えるのかも)。

発表については秋の東京モーターショー、とする説が有力です。

なお、こちらはオプションカタログとされるものですが、オプション次第でワイルドにもレトロにも未来っぽくも仕上げられるようですね。

こちらは新型ジムニーのインテリアとされるものですが、直線基調となっていることもわかります。

なお、スタイルはメルセデス・ベンツGクラスによく似ており、これは海外ではかなり話題となっていますね(ボクシーな形状、ルーフの雨どい、テールランプの位置など)。

こちらがメルセデス・ベンツGクラス。

話を戻して新型ジムニーですが、こちらが現行型と並んでテストする画像。
現行型に比べても「四角い」ことがわかります(メルセデス・ベンツGクラスに似てると言われても仕方がないかも)。
ちなみに、本当にジムニーをメルセデス・ベンツGクラス(G500)に改造してしまった車両も存在しますね。

なおこちらは二代目ジムニー。
こうやって見ると、新型ジムニーには三代目でなくなった「ルーフの雨どい」が復活しているところ、平坦なフロントウインドウ、四角いサイドウインドウ、丸目ヘッドライト、平たいボンネット形状や構造など、やはり「先祖がえり」な部分が多いようです。

合わせて読みたい、新型ジムニー関連投稿

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >スズキ(SUZUKI)
-, ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5