>ロールスロイス(Rolls-Royce)

Google役員が自身のフェラーリと同じカラーのロールスロイスを発注。無事納車へ

投稿日:

| Google役員へ”フェラーリカラー”のドーンが納車 |

Google役員、ベンジャミン・スロス氏のもとへ新しいロールスロイス・ドーンが納車。
グレードは「ブラックバッジ」で、ロールスロイスによって特別にカスタムされた一台となり、これは先日ロールスロイスがペブルビーチ(コンクール・デレガンス)へと持ち込んだ車両のうちの一台ですね。

なお、ペブルビーチではロールスロイスのトルステン・ミュラー・オットーヴォスCEO自らがこの車両を紹介したとされ、ベンジャミン・スロス氏がいかに重要な顧客であるかがわかります。

ロールスロイスはペブルビーチへ大量展示。カリナンだけでも4台、ワル系やセレブ系モデルも

夫婦揃って黄色好き

ベンジャミン・スロス氏はカーコレクターとしても有名で、夫婦揃ってフェラーリの「XXプログラム」に参加していることでも知られる人物。

本人は599XX EVOをドライブしており、

「フェラーリXXモデルはフェラーリに保管が条件」はガセ。実際に購入したgoogle役員が明かす

夫人(クリスティーンさん)のほうはなんとFXX K。

いずれの車両も「イエロー」で、夫人はXXプログラムにて走行する際に車体と同じイエローのレーシングスーツを着用する姿が目撃されており、夫婦揃ってイエロー好き、ということになりそうですね。

フェラーリ599XX Evo、FXX Kがスパを走る動画。グーグル副社長とその妻

なお、今回のドーンに用いられているイエローのカラー名は「スーパーフレア」、ブラックに見えるツートン部分は濃いネイビーで「パイクスピーク・ブルー」。
もちろんベンジャミン・スロス氏のためのオリジナルカラーとのこと。

rollsroyce (3)

インテリアも外装同様のカラースキームが用いられ、ネイビーとイエローレザーにブラックのトリムが特徴的。
ネイビー部分のステッチにはイエローが用いられています。

rollsroyce (1)

ホイールはアルミとカーボンとのコンビ素材で、カラーはブラックに切削加工、そしてイエロー(スーパーフレア)のライン入り。

下の画像を見ると、グリルフレームはブラック、そしてフードの「ブラックに見える」部分が実はネイビーであることもわかりますね(境界線を見ると色味の差がわかる)。
なお、「すべてのパーツをペイント」ではなく、スピリット・オブ・エクスタシーのベース部分やボンネット上の加飾、ドアハンドルなどをクローム仕上げとしているのはさすがとしか言いようがなく、これらが上品さを演出しているようです。

rollsroyce (4)

なお、夫妻はすでに別のロールスロイス・ドーンを所有し「日常の足」として乗っているそうですが、よほどドーンを気に入ったと思われます。
たしかに「一度ロールスロイスに乗ると、他のクルマにはもう乗れない」という話を聞きますが、それだけ素晴らしい魅力を持つクルマだと言えそうですね。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5