>フェラーリ(Ferrari)

”市場に出ることはない”はずのワンオフフェラーリ、「SP30」が中古市場に登場。いったいなぜ?

投稿日:

| フェラーリ”5番目の”ワンオフモデルが中古市場に登場 |

フェラーリのワンオフモデル、「SP30」が中古市場に登場。
これは2012年にフェラーリがCheerag Arya氏のために製作したもので、ベースは599GTB、とのこと。
ヘッドライトやフロントフェンダー~ボディサイドにはF12っぽいデザイン(ポルトフィーノっぽくもある)も用いられていますが、ドアミラーやリアセクションを見ると「599」であることがわかりますね。

走行わずか130キロ

この「SP30」はフェラーリにとって5番目のワンオフプロジェクトとなるそうですが、販売されているのはテキサスにある「クレーブ・ラグジュアリー・オート」。

ferrari-sp30 (5)

走行距離はわずか130キロと新車のようなコンディションで、価格は「ASK」。

ferrari-sp30 (6)

おそらくこのワンオフモデルについては販売時に「転売禁止」などの縛りがあるはずで、実際にこういったワンオフモデルが中古市場に出てくるのは非常に珍しい、と思います。

ferrari-sp30 (4)

フェラーリ599XXっぽいCピラー上のウイング。
給油口はレーシングカーのような感じですね。

ferrari-sp30 (9)

リアはダックテールに4本出しマフラー。

ferrari-sp30 (10)

フェラーリSP30のインテリアはこうなっている

さすがに599XXを意識しているだけあり、内装はカーボンだらけ。
しかもインテリアとシンクロしたブラックとレッドのアクセントが特徴的です。

ferrari-sp30 (7)

かなり珍しいグレーアルカンターラの内装色/素材。
パーキングブレーキレバーなど、一部パーツは「ダークレッド」にペイントされていますね。

ferrari-sp30 (8)

シートバックには「30」の文字。

ferrari-sp30 (2)

座席後部はかなり特殊な構造。
おそらくはヘルメット二個を収納し、ネットで固定するものと思われます。
後方確認はかなり難しそうですね。

ferrari-sp30 (3)

ほかにはこういった「ワンオフ」モデルも

フェラーリはおよそ2億5000万円くらいからワンオフモデルの受注を行っており、過去にはエリック・クラプトンに納車された「フェラーリ SP 12 EC」、平松潤一郎氏に納車された「SP 1」、アメリカ人オーナーへと納車された「SPアメリカ」がよく知られるところ。

なお、フェラーリはこういったワンオフ、もしくはカタログ外のモデルを「フォーリ・セリエ(シリーズ外)」と呼んでおり、現在は積極的に受注を受けている、とされています(ただしフェラーリによって顧客は慎重に選ばれ、生産開始までも数年待たされる)。

フェラーリの日本限定モデル「J50」はこうやって作られた。今後の限定モデル計画も公開

そのほかのワンオフモデルだと「458MMスペチアーレ」、

個人のオーダーによるワンオフフェラーリ。「458MMスペチアーレ」が公開に

SP275 RW コンペティション、

フェラーリがワンオフモデル「SP275 RW Competition」を発表。自動車史上もっとも高価なエラーリがモチーフ

SP38 デボラ、

フェラーリのワンオフモデル、SP38”デボラ”実車公開。そのサウンドを動画にて

名称は公開されていないものの、458にV12エンジンを搭載したモデルも。

本当に出てきた。フェラーリ458にV12エンジンを搭載した「フェラーリ公式カスタム」車両

 

VIA:Crave Luxury Auto

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f