>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

【動画】日本初公開!カスタムカラーの限定M3が3色揃う!その細部を見てみよう

投稿日:

| ついに日本にも登場、BMW M3”インディビデュアル” |

さて、先日参加した「BMW M サーキットデイ」にて展示されていたカラフルなBMW M3。
BMW 3シリーズはつい先日新型が発表されたばかりで、つまりはM3も時期新型に切り替わる、ということになります。

そしてこれらカラフルなM3三台は、現行M3有終の美を飾る限定モデルとなるそうで、この場でははじめて一般公開された、とのこと。※港から直行したようで、まだ輸送用のステッカーが貼られていたり、サスペンションにはボトム防止のスペーサーが噛まされている

これを機に日本でも「カスタムカラー」が増えれば

なお、今回揃ったBMW M3のカスタムカラーはグリーン、ダークグリーン、パープル。
いずれもBMWのイメージから大きく離れたボディカラーですが、時折紹介する「BMWアブダビ」が好んで選択するカラーでもありますね。

L1050950

この「ジャバグリーン」は流行の兆しがある色味で、ポルシェも911GT3RSやフェイスリフトを受けたマカンにて同様のカラーを追加し、ランボルギーニもアヴェンタドールSVJのイメージカラーに明るいグリーンを採用していますね。

L1050868

キドニーグリルやサイドスカットル、テールパイプはブラック仕上げ。
各部をブラック仕上げとすることで、よりボディカラーが引き立つようです。

L1050867

価格は1320万円ほど。
通常のM3に比べて100万円ちょっと高い値付けになりますが、そのインパクトは絶大。

L1050866

運転席からもドアミラーの「グリーン」が見えるため、実際に乗っていても満足感は高いのかもしれません。

L1050864

ダークグリーンは伝統を感じさせる仕上がり

こちらはおそらく「ソリッド」のダークグリーン。
同じグリーンであっても、ジャバグリーンとは対照的に「シック」なカラーではありますが、こちらもいい意味で「BMWらしくなく」、かなり目立つボディカラーだと思います。

L1050851

E36/E46時代は深いグリーン(メタリックですが)もラインアップされていたものの、最近のBMWではグリーンをまず見かけることがなくなったようですね。

L1050850

ジャバグリーンと並べるとこんな感じ。

L1050846

やはりブラックとの相性は抜群。

L1050849

インテリアはブラウン。
ポルシェ911の「100万台目」も同様のボディカラーを持っていましたが、ドイツではこの組み合わせは「定番」といえるものなのかもしれませんね。

L1050847

パープルもこれから流行りそう

こちらはさらに珍しいメタリックパープル。
ただしBMWはE36時代に限定モデルにパープル(アメジスト)を用意していたと記憶しており、実は「伝統的な」BMWのボディカラーなのかも。

L1050855

なお、ちょっと前だとポルシェは「ホワイトかシルバー」、フェラーリは「レッドかホワイト」といったボディカラーが大半を占めていたものの、最近ではその図式も崩れており、ボディカラーに「数十万」「ときには100万円以上」を支払ってカスタムカラーを選ぶユーザーも増加中、と聞きます。

L1050841

その背景には「せっかく個性的なクルマに乗るのだから、他人と同じ色は嫌だ」と考える人が増えたのだと思われ、そのために費用を投じることが「当たり前」になりつつあるのかもしれません。

L1050845

BMWもそのカスタム部門として「インディビデュアル」を持っており、実は”どんなボディカラーにも”ペイントできるものの、現在これはあまり強調されておらず、しかし今後「カスタムカラー」を選ぶ人がポルシェやフェラーリ、そしてランボルギーニやマクラーレン同様に増えてくるといいなあ、と思います。

L1050844

現在BMWの人気カラーはほとんどが「ブラックとホワイト」。
そろそろ、この現象から抜け出してもいい時期かもしれませんね。

BMWがX5の限定車「ブラック/ホワイト」発売。調べてみるとX5の80%は白黒だった

L1050853

こちらはカスタムカラーのM3を収めた動画。
他の画像はFacebookのアルバム「カスタムカラーのBMW M3 in BMW M Circuit Day」に保存しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5