>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

【動画】現存するのは4台!当時HKSが製作したR32 GT-Rのコンプリートカー「Zero-R」はこんなクルマ

投稿日:

製造されたのは10台のみ、6台は廃車となって残ったのはわずか4台

10台のみが製造され、4台のみが現存するという日産GT-Rのコンプリートカー、「スカイライン HKS Zero-R」。

これは1994年にR32世代の日産スカイラインGT-RをベースにHKSが製作したものですが、ブルネイに存在する一台が動画にて公開されています。

なお、10台のうち6台はその過激さゆえか「廃車」に、そして残る3台は日本に存在する、とのこと。

ブルネイは石油や天然資源が多く、非常に豊かな国としても有名。
ブルネイ国王は世界有数のカーコレクターとしても知られますが、「フェラーリのワゴン」を特注したことなどで知られます。

エンジン出力は600馬力

なお、このスカイラインHKS Zero-RはISO基準に沿って制作されており、多くの国で「合法」に登録できるようですね。

gt-r7

サイドにはブレーキ冷却用と思われるダクト。

gtr10

全体的には丸みを帯び、かつ段差の少ないスタイリングで、強く最高速を意識していることもわかります。

なお、この時代は「ディフューザー」という概念がなかったのか(そう考えるとエアロダイナミクスは日進月歩)、現代のデザインからするとちょっと奇異に映ります(当時はこういったデザインがハイパフォーマンスカーにおいて常識的ではあった)。

gt-r6

リアウイングは2段重ね。

gtr13

ブレーキシステムはプロジェクト・ミュー(アルミハウジングの2ピースローターは当時の流行)、ホイールはSSRで、このあたりもチューニング部む全盛期を思い起こさせます。

gtr9

エンジン出力は600馬力ですが、もともとHKS スカイラインZero-Rに装着されていた「RB27(名称からするに2700ccへボアアップ?)」は寿命を迎え、そのためRB26へと換装されている、とのこと。

gt-r4

室内は2シーター化

なおインテリアは2シーター化され、後部座席は容量を拡大した燃料タンクが鎮座。
シートはモケットのような生地ですが、この時代はまだエクセーヌもしくはアルカンターラがなかったのかも(いつからこれらが普及したのかは不明ですが、当時はまだそんなにその名を聞いたことがない)。

gtr17

シートのヘッドレスト、ステアリングホイールには「R」の文字入り。

gt-r5

オーナーは他にもエキゾチックなチューニングカーを所有

なお、このガレージには他のチューニングカーも存在しており、オーナーはチューニングカー好きなのかもしれませんね(もしくはコレクションのほんの一部か)。

こちらは別の日産スカイラインGT-Rで、エアロパーツが装着済み。

gtr19

リアウイングにはフラップ、テールはLED。

gt-r3

室内には追加メーター。
これはトラストの「シリウスビジョン」ですが、LEDテールランプ共々「当時はなかった」ものなので、最近になりカスタムされたということがわかります。

gt-r

VIA:Galeri Kereta

10台のみが製造され、4台のみが現存するという日産GT-Rのコンプリートカー、「スカイライン HKS Zero-R」。

これは1994年にR32世代の日産スカイラインGT-RをベースにHKSが製作したものですが、ブルネイに存在する一台が動画にて公開されています。

なお、10台のうち6台はその過激さゆえか「廃車」に、そして残る3台は日本に存在する、とのこと。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->日産/インフィニティ(Infinity), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5