>その他の国の車

【動画】やっぱりロシアは発想が違う。ラーダに「38インチホイール」を装着したり、6輪化するカスタムが相次いで登場

投稿日:2019/01/28 更新日:

ちょっと前にはヘリコプターのエンジンをクルマに装着してた


ロシアの自動車「ラーダ」になんと38インチホイールを装着し、雪上を楽しく走り回る動画が公開に。

ラーダはロシアの自動車メーカーですが、1977年に発売された「ニーヴァ」が有名。
今なお生産されて続けていて、その変わらぬスタイルから「ロシアの進化(しない)っぷりを表している象徴としても語られます。
映画「アトミックブロンド」で派手にぶっ壊されていたことでも知られ、かつ2017年には「40週年記念モデル」も発売されていますね。

ラーダはタフでシンプルなためにカスタムベースとしても大人気

そんなラーダですが、車体の安さ、頑丈さからカスタムベースとして採用する人も多数。
ショップというよりは個人がDIYにて「ぶっ壊すのを覚悟で」改造する人も多く、今回のユーチューバー、Garage54氏もそんな一人です。

まずはベースのラーダ(サイケな塗装でなかなかイケてる)、そしてホイールとタイヤ、エクステンションを用意。

lada7

そしてハブにエクステンションを取り付け。
これはタイヤ/ホイールをボディの外にだすためですが、そうしないと「タイヤがタイヤハウス内に収まりきれない」ため。

lada5

そしてそこへタイヤ/ホイールをドッキング。

lada4

完成!
ただし、「テコの原理」で増幅された負荷が車体にかかるため、絶対におすすめできない方法でもありますね(分厚いスペーサーも同様)。

lada3

そして意外というか、ちゃんと走るようです。
このあたりのタフさが、今までラーダが生き残り、今なお愛される秘密なのかも。

lada

▲絶対すぐに壊れる

まだまだ登場、ラーダの魔改造

そして世界のラーダ愛はとどまるところを知らず、なんとラーダ・ニーヴァを6輪化してしまったカスタムカーも。

a0310709-lada-niva-6x6-2

ラーダ・ニーヴァは上述の通り1977年の発売ですが、これまで基本構造を変えずに継続生産されているモデルです。
センターロック可能なデフ、副変速機を持つトランスファー装備など「本格オフローダー」とも言えるクルマで、ベースは「フィアット124」。

そのラーダ・ニーヴァをメルセデス・ベンツ AMG G63 6x6ばりに6輪化したのがこのクルマですが、現在約80万円ほどで販売中、とのこと。

ae00f502-lada-niva-6x6-3

エンジンは2002年のニーヴァに積まれる150馬力仕様へと換装され、走行距離は約10万キロ。

もともとオフロード性能の高いニーヴァだけに、このカスタムカーも相当な走破性を誇ることになりそうですね。

28302162-lada-niva-6x6-6

以前に公開された、スズキ・ジムニーをベースに日本自動車大学校が製作したメルセデス・ベンツAMG G63 6x6のレプリカは「6輪のうち2輪が駆動しない」構造でしたが、この6輪ラーダ・ニーヴァは「車軸が3つ」、つまり6輪とも駆動するそうです。

VIA:Avito

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他の国の車
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5