>フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ(Lamborghini) ■そのほか車関連のネタなど

【動画】クルマを維持するのは楽じゃない。EVOマガジン創始者「30台を維持するのに1年で700万円かかった」

投稿日:2019/01/27 更新日:

それぞれのクルマのメンテナンス履歴の管理も重要

EVOマガジンの創始者、ハリー・メトカルフェ氏が自身の所有するクルマたちの維持費を公開。

ハリー氏は16台のクルマ、14台のバイクを現在保有していますが、動画によると、なんと2018年にかかった維持費総額は700万円、とのこと。

その内容を見るとランボルギーニ・カウンタック/エスパーダ、フェラーリ・テスタロッサ、ロータス・エスプリのほかジャガーやロールスロイスなどが揃い、バイクだと基本的にモトクロス用が多い模様。

「コレクションは最大で30台と決めている」

なお、ハリー氏は所有する台数を制限していて、「1台入れるのであれば、その分の1台は手放す」ということを実践しているそうですが、もうひとつのポリシーは「動態保存」。

つまり完全に動く状態で保存するということで、そうなると税金や保険といった費用もかかってくることになり、動かすためのメンテナンスも必要。

クルマというのは乗らなくても劣化してゆくもので、たとえばタイヤ含む樹脂パーツはどんどん劣化し、タイヤは5年くらい、燃料系ホースだと10年に一度くらいは交換が必要。

よってクルマの維持はとんでもなくお金がかかるのは当然として、それぞれのクルマのメンテナンス記録を管理することが不可欠となり、よって相当な台数を保管しているラルフローレンや、ブルネイ国王などは「専用の管理人とメカニック」を雇っていると言われていますね(それだけの数があると、とうていディーラーに毎回持ち込むことはできない)。

なお、バイクはこんな感じ。
自身もオフロードバイクを駆ってラリーに出場しているそうですが、その参加用のほか、ダカール・ラリーの優勝車もコレクションしているそう。

ハリー氏は「保管する」だけではなく実際に乗っている

なお、ハリー氏は投機目的で車両をコレクションしているわけではなく、実際に乗るために車両を購入。
以前はランボルギーニ・カウンタックをメンテナンスする様子も公開していますね。

そしてこちらは最新の「16台のクルマ」の陣容を紹介する動画。

こちらの動画ではダカール・ラリー優勝車(バイク)のコレクションを紹介。

実際にモロッコラリーに参加した際の動画も。

時には自身のクルマのレビューを公開。

こちらはカウンタックのレビュー。

こちらの動画は1年前のコレクションですが、現在と内容はちょっと異なっていて、映画「007スペクター」に登場したランドローバー・ディフェンダー、ポルシェ911の姿も。

VIA:Harry's garage

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), >ランボルギーニ(Lamborghini), ■そのほか車関連のネタなど
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5