>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

【動画】リバティーウォーク✕GT-R✕ARMITRIXマフラー!そのシビれるサウンドを聴いてみよう

更新日:

そのサウンドはパルスの効いたまさに「快音」

エキゾーストシステムメーカー、ARMYTRIXが日産R35 GT-Rにマフラーをインストールし、そのサウンドを堪能できる動画を公開。
なお、このGT-Rにはリバティーウォークのオーバーフェンダーキットそしてエアサスペンションが装着されていますが、これらは「セット」とも言えるものですね。

なお、ARMYTRIX(アーミトリクス)は数々のハイパフォーマンスカー向けエキゾーストシステムを発売しており、これまでにもレクサスLC、ランボルギーニ・アヴェンタドール向けのエキゾーストシステムを公開しています。

エアサスペンション装着でこれだけ車高が変わる

リバティーウォークのエアロキットを装着した場合「必須」なのがエアサスペンション。
これによって車高を上下させることになりますが、停車時に車高を落とさなければ格好悪く、逆に車高を落としたままだと走行に支障をきたし、この両方の問題を一気に解決できるのが「エアサスペンション」というわけです。

なお、こちらは車高を限界まで落とした状態。

画像に含まれている可能性があるもの:車

こちらが車高を上げた状態。
これでもフロントはかなりヤバそうですが、「上げないよりはずいぶんいい」と思います。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてこのGT-Rをベイビーブルーにラッピング。
細部に至るまで丁寧に張り込んでゆきます。

画像に含まれている可能性があるもの:1人

リアは完成するとこう。
なお、この「車体後部から突き出たステーを持つリアウイング」はちょっとした流行。
ただし日本では多くの場合車検に適合せず、装着できないのがちょっと残念ですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

フロントはルーバーを避けてきれいにラッピング。

写真の説明はありません。

こちらが完成状態。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

施工前はこう。
エアロパーツそのものの変更は行っていないものの、やはりボディカラーが変わるとその印象も大きく変化しますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そして今回の動画の目玉、ARMYTRIXのエキゾーストシステム。
車内からリモコンで音量等を操作可能(ボタンが多いので、他の機能なども振り分けできそう)。

画像に含まれている可能性があるもの:電話

そしてリモコン操作によって一気にサウンドも変化。
聴く限りでは、ARMYTRIXは音量の大きさを誇るのではなく、音質にこだわるメーカーのようで、心地良い、パルスの効いたサウンドを奏でるようですね。

同様のブランドだと「Fi エキゾースト」があり、こちらも快音を聴かせてくれる、と認識しています。

写真の説明はありません。

なお、ほかにARMITRIXではこういった車両にエキゾーストシステムを装着しています。

まずはレクサスLC。
もともと自然吸気V8エンジンを搭載しているので、そのサウンドはまさに魅力的の一言。

そしてこちらはポルシェ・パナメーラ。

BMW M3とM4にも。

ホンダ・シビック・タイプRへとマフラーを装着。

それでは動画を見てみよう

こちらがGT-R”ブラックナイト”をカスタムし快音とともに走行する動画、「Black Knight GT-R R35 to Baby Blue x Armytrix Exhaust / Liberty Walk / AccuAir Suspension」。

VIA:ARMYTRIX

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->日産/インフィニティ(Infinity), ■ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5