>スズキ(SUZUKI) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

【動画】コレ欲しい!スズキ海外法人がジムニー型ローラースケートを製作してあらゆる環境を走りまくる動画を公開

投稿日:2019/05/07 更新日:

| その走破性はまんまジムニーの性能にもつながっている |

スズキがジムニーの走破性をアピールするため、なかなかに面白い動画を公開。
なんとジムニー型の「オフロード用ローラースケート」を履いたスケーターが荒野を走りまくるという内容で、思わず「コレ欲しい」と思う仕上がりに。

残念ながらこのローラースケートは非売品だそうですが、そうとうな需要があると思われ、あまりに反響が大きければ市販化される可能性もあるのでは、と考えています。

動画はこんな感じだ

今回公開されたスズキ・ジムニー・ローラースケートの動画はこういった内容。
まずはオフロードを疾走する二台のジムニーと見せかけて・・・

実はローラースケート。

一部だけを見るとまさに実車のように見えますね。

草原はもちろん、吊橋もOK。

グラベルもOK。

舗装路でもOK。

とにかく走りまくって・・・・

ヒャッハー!

来るところまで来たぜ!と満足にひたり、ふと横を見ると・・・

なんともうひとりのジムニー(ローラースケート)使いが。

あ?やんのか?という挑戦的な視線を送るもうひとりのジムニー使い。
新たなる第二章が始まりそうですね。

クルマを靴に見立てたのはスズキだけではない

なお、クルマを靴として捉えたプロモーションとしては、「ホンダHR-V(1998年くらい)」も。

これはTVコマーシャルとして放映されたものですが、カップルが靴を買いにスニーカーショップへ。
そこで彼女さんが何かを見つけます。

見つけたのはHR-V型の靴。
まじまじと見つめる彼氏。

ちょっと試着でもしてみるか!

タグは「VTEC」!

そして「乗るのは、ボクだ。」のキャッチコピー。
HR-Vは当時かなり個性的な部類に属するクルマであり、その個性を強調するためのCMであったと思いますが、けっこう印象に優れ、今でも心に残るホンダのCMのひとつ。

HR-V自体は1998年から2006年まで生産されており、ホンダいわく「SUVではなく”ジェットストリーム・ハイライダー”」。

なお、当時ホンダは「Small is Smart」というコンセプトにて「J・ムーバー」なるプロジェクトを進めており、HR-Vはキャパに続くその第二弾として登場。
その後「J・ムーバー」はいつの間にか聞かなくなりましたが、このプロジェクトは広義にて後のN-BOX等に採用される「N=New Nippon Norimono(ニュー・ニッポン・ノリモノ)」へと続いているのかもしれません。

VIA: Suzuki Australia /懐かしCMチャンネル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->スズキ(SUZUKI), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5