>パガーニ(PAGANI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】パガーニ・ウアイラ”ドラゴン”がサーキットを走る!レーシングカーばりの過激なエアロパッケージなるも「公道走行可」

投稿日:

| 限定販売台数は5台のみ |

パガーニ・ウアイラ「ドラゴン」のプロトタイプがサーキットを走行中。
ウアイラ・ドラゴンはウアイラのハードコアモデル「BC」をさらに過激に仕立て上げたモデルということになりますが、パガーニは現在生産している「ウアイラ・ロードスター」の予定生産台数を消化後に、このウアイラ・ドラゴンを5台のみ製造すると公表しています。

生産枠の5台はすでに「オーナー確定」?

なお、この「ドラゴン」については、最初の一台がロシアのチューナー、「トップカー」に納車されると言われており、となると「残る枠は4台」。
ただし、これまでの経緯から見るに、すでにこの4台の生産枠もすべて埋まっていると見るのが妥当かと思われます。

今回走行しているプロトタイプを見ると、突き出たフロントリップ、大きなルーフ状のシュノーケル、やはり巨大なリアディフューザーが目を引きますが、これでも「ウアイラ・ドラゴン」は公道走行が可能だと言われます。

p2

エンジンはウアイラ、ウアイラBC同様にメルセデスAMGから供給を受けるV12ツインターボで、しかしその出力はウアイラBCの745馬力を大きく超える見込み。

トランスミッションについては7速シーケンシャル(ウアイラBCと同じ)を採用の予定だと報じられていますね。

p

なお、パガーニのクルマは徹底したクラフトマンシップによって作られ、芸術品と言えるレベルのつくりを持つことで知られますが、一方でサーキットのラップタイムは非公開。

よってパガーニもそのパフォーマンスを示して欲しいという要望もあるようで、パガーニはこの「ウアイラ・ドラゴン」によってなんらかのアタックを行うのでは、と見る向きもあるようです。

ルイス・ハミルトンは自身の名を冠した「ゾンダ760LH」を所有していますが、そのハンドリングには満足していないとも語っていて、パガーニとしてはその汚名もそそぎたいところかもしれません。

ちなみに、一時期盛り上がった「ル・マンのハイパーカークラス」について、最近はあまりその話題が出ないものの、ここでパガーニやケーニグセグ、SSC、ヘネシーといった新興勢力、そしてフェラーリやマクラーレン、アストンマーティン、メルセデス・ベンツ等の「実績のあるメーカー」との対決を見たいと思うのはぼくだけではないはず。

VIA:19Bozzy92

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->パガーニ(PAGANI), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5