■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「新型2シリーズ・グランクーペはFF」。じゃあ次期2シリーズクーペやM2は?「安心しろ。それらはFRだ」

更新日:

| BMWのボディ形状や、シリーズ間での差異はますます難解に |

BMWは先日、「FRからFFベースにスイッチした」新型1シリーズを公開しましたが、やはりFFベースとなる新型2シリーズ・グランクーペも発表間近、との報道。

なお、現在2シリーズにラインナップされるのは「2シリーズ・クーペ」「2シリーズ・グランドツアラー」「2シリーズ・アクティブツアラー」「2シリーズ・カブリオレ」。

2シリーズ・グランクーペの話は2016年から出ていた

ここに今回、4ドアクーペボディを持つ2シリーズ・グランクーペが加わるということになりますが、2シリーズのラインアップは大きな広がりを見せることになり、3シリーズのボディが大きくなってしまった(価格も高くなってしまった)今、「2シリーズが次なる主力シリーズ」になる可能性もありそう。

なおFFモデルの2シリーズについては、1シリーズ同様、プラットフォームに「UKL」を採用するとされ、しかし1シリーズの出来栄えを見るに”間違いないクルマ”になりそうですね。

参考までに、最初に「2シリーズ・グランクーペ」の話が初めて出たのは2016年。
ちょうど中国向けの1シリーズセダン(F52)が発売された頃ですが、この1シリーズ・セダンを2シリーズ・グランクーペに将来的に統合する(1シリーズ・セダンの後継が2シリーズ・グランクーペになる)という話がその後出てくることに。

つまり「中国専用」だった1シリーズ・セダンを、2シリーズ・グランクーペへとサイズアップし統合することで「グローバルモデル」として販売するということになりそうですね。

次期2シリーズ・クーペ、M2はどうなる?

そこで気になるのが次期2シリーズ・クーペ、そしてM2。
2シリーズが全体的にFFへ移行してしまったらこれらもFFベースになるんじゃないか?ということですが、BMWのチーフデザイナー、クラウス・フローリッヒ氏によると「2シリーズ・クーペはCLARプラットフォームを使う」。

このCLARプラットフォームは現在3〜8シリーズに使用されるFRベースのプラットフォームで、つまりはこれを2シリーズ(クーペ)にも使用するということに。

つまりBMWのプラットフォームはCLARとUKLの2つしかなくなる(EV除く)ということで、BMWは効率化を勧めるということになりますが、一方でボディ形状のバリエーションはどんどん増えるという矛盾を抱えることに。

そして、同じ2シリーズでもX2、グランクーペ、アクティブツアラー、グランツアラーはFFベースのUKLプラットフォームを使用するわけですが、まるでトヨタ・マークX(FR)とマークXジオ(FF)のような、ちょっとややこしい事態になりそうです(今でも十分混乱を招きますが)。

とりあえず次期2シリーズ・クーペ、M2は「FRベース」になるということで一安心ですが、最近はFFベースでも「4WD」モデルではFR化できるものや、4WD状態でも駆動力を後輪寄りに配分できるものがあり、もはやベースが「FFでもFRでも関係ない」といった状況となっており、テクノロジーの進歩とは恐ろしいものだ、と思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5