>フェラーリ(Ferrari)

【動画】「好きなフェラーリのデザインを全部突っ込んだ」。フェラーリファンが作ったワンオフモデル、7XデザインGTOヴィジョン登場

投稿日:2019/07/05 更新日:

| メインは288GTO、そこにF40、FXX K、599などの要素をてんこ盛り |

フェラーリが好きすぎる男、デビッド・ゴメス氏がワンオフにて作成した「フェラーリ7XデザインGTOヴィジョン」。
これはフェラーリ488GTBをベースにカスタムしたワンオフモデルで、実際に製作したのはエンビサージュ・テクノロジーズ(Envisage Technologies)だとShmee150氏によって紹介されています。

ボディパネルはすべてカーボンファイバー

このフェラーリ7XデザインGTOヴィジョンは、その名からもわかるとおり、主なイマジネーションは「288GTO」から得ている、とのこと。
288GTOはフェラーリがかつて(1984年に)グループBのホモロゲーション取得用として製作・発売したクルマで、272台が製造されています。

そして288GTOの外観的特徴は、フロントバンパーに埋め込まれた角型のフォグランプとパッシングランプですが、このフェラーリ7XデザインGTOヴィジョンでもその「4灯」を再現。

加えて、フェンダー上には288GTO同様のルーバーが設けられていますね。

f12

サイドはこんな感じ。
フロントフェンダー後部はFXX Kのようなデザインで、リアバンパーサイドのスリットはF40を連想させます。
サイドステップには458スペチアーレ風のウイングレットも装着されていますね。

f6

外装でもともとのパーツが残るのはルーフ、ドアミラー、ヘッドライト、テールランプくらいかもしれません。

f5

ホイールはおそらくワンオフだと思われます。

f3

フロントフードも完全に作り変えられていて、バンパー先端から抜けたエアがフロントフード上に放出される仕組み。

f1

Cピラーは599風。

f120

ウイングレットの向きは458スペチアーレとは「逆」で、イタルデザイン・ゼロウノに近いデザインですね。

f22

それにしても「よくこんなの考えたな」という複雑な形状を持つフロント。

f20

リアウインドウはF40風の樹脂製+ルーバー。
このフェラーリ7XデザインGTOヴィジョンは、オーナーであるデビッド・ゴメス氏が「好きなフェラーリ」の要素をすべて詰め込んだとされていますが、たしかに随所にフェラーリ各モデルに採用されたデザインを見ることが出来ますね。

f11

リアフードセンターには「背骨」のようなものがあり、後方視界はかなり苦しそう。

f7

リアだと巨大なディフューザー、FXX K風のリアウイングが特徴的。
テールランプは488GTBのものをそのまま使用しているようですね。
リアバンパーの向かって右側には「GTO」のバッジが取り付けられています。

f13

専用のカバーも用意。
単にロゴを入れただけではなく、リアウイングの形状に沿った裁断がなされるなど「オーダーメイド」であることがわかります。

全体的に、相当な愛情そしてコストが注ぎ込まれたことがわかる一台ですね。

f14

こちらはShmee150氏がフェラーリ7XデザインGTOヴィジョンを紹介する動画。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5