>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】米富豪、マンソリー仕様のヴェイロンでスーパーカーミーティングへ。やっぱり注目の的に

投稿日:2019/09/24 更新日:

| ヴェイロンをカスタムするのはさすがにマンソリーだけ? |

さて、アメリカのカーコレクター、マニー・コシュビン(Manny Khoshbin)氏。
パガーニ・ウアイラ・エルメスやマクラーレンP1/セナ、ポルシェ・カレラGT当数々のスーパーカー/ハイパーカーを所有していることでも知られ、かつエルメス仕様のシロン、マクラーレン・スピードテールを発注していること(納車待ち)でも知られます。

そして今回はそのコレクションの中でもひときわ異彩を放つ一台、「マンソリー仕様のブガッティ・ヴェイロン」にてスーパーカーミーティング「サンセットGT」に参加。

同氏はほかにも「レンブラント」シリーズのヴェイロンを所有していますが、やはりこのマンソリー仕様のヴェイロンは格別。

外観はエクスポーズド(柄の見える)カーボン仕上げとなり、随所にゴールドのアクセントが見られます。
ヴェイロンを「ラッピング」程度でカスタムするショップやチューナーはいくつか見られるものの、マンソリーのように外装を置き換えたり、エンジンチューンを行うチューナーはおそらく他にはないかもしれません(計画はいくつかあったが、実現していない)。

そしてまずはお出かけの準備ですが、フロントトランクは比較的小さいようですね。

c8

そしていざ出陣。
内装もマンソリーによってフルカスタムされ、ホワイトレザーとカーボンに置き換えられています。
なお、ホワイトレザー部分にはゴールドのアクセントが見られます。

c7

そしてこちらは会場にて。
後ろにはマールボロ仕様のランボルギーニ・ウラカン。
おそらくこのイベントはマイアミにてケーニグセグやパガーニ、ランボルギーニ、マクラーレン、フェラーリのディーラーを経営する母体が開催したものだと思われますが、同社の顧客の中ではこの「マールボロ」がけっこう流行っているようで、他にもマクラーレン570Sがこのカラーリングへとラッピングされている模様。

c6

そして会場にはフェラーリもたくさん。

c9

もちろん開催者はパガーニディーラーを運営しているため、パガーニの姿も。

c1

会場はこんな雰囲気。
マニー・コシュビン氏にサインを求める人もいて、現地ではかなりな有名人のようですね。

c4

そして自宅に戻ってヴェイロンをガレージ内へ。

c

こちらが当日の様子を収めた動画。

マニー・コシュビン氏は他にもこんなクルマに乗っている

上述の通り、マニー・コシュビン氏は数々のハイパーカーを所有していますが、こちらはカーボンボディのマクラーレンP1(シートやステアリングホイールはホワイト!)を紹介する動画。

こちらは限定3台、ブガッティ「レンブラント」を紹介する動画。

こちらはマニー・コシュビン氏がどうやってお金を稼いでいるかを説明する動画。
様々なビジネスを手掛けていますが、今回は不動産について述べています。

VIA:Manny Khoshbin

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI), ■ニュース

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5