>ブガッティ(BUGATTI)

【動画】トップギアがブガッティ・シロンの最速記録樹立!VWのテスト施設で423km/hをマーク

投稿日:

| シロンのポテンシャルはまだまだこんなモノではない |

トップギアがブガッティ・シロンスポーツにて最高速アタックを行い、423km/hを記録。
ブガッティの公表しているシロンの最高速は420km/hなので、これをちょっと上回ったということになりますね。

なお、シロンスポーツはシロンに対するハードコアモデルですが、エンジンとトランスミッションはシロンと同じ。
ただし「軽量ホイール」「カーボンファイバーの使用拡大(ワイパーアームまでカーボン製)」「強化サスペンション」「10%硬いショックアブソーバー」「強化ステアリングラック」がその特徴となっています。

フォルクスワーゲンは広大なテスト施設を持っている

今回トップギアがシロンスポーツをテストしたのはフォルクスワーゲンの持つトスト施設。
ここには全長8.7キロのストレートを含むハイスピードサーキットがあり、この直線にて最高速を試そう、というわけですね。

ちなみにブガッティ自身は「最高速」のプライオリティを下げているので直接最高速テストや記録への挑戦は行っておらず(加速から減速についてはギネス記録を樹立している。すぐにケーニグセグに記録を破られたけど)、かつブガッティ関係者以外がこれに挑戦するのはおそらく「二度目」。

参考までに、ヴェイロンのオーナーで「合法的に」最高速チャレンジした人も存在。

なお、前回のチャレンジはアメリカの滑走路にて行われ、その際には421km/hを記録していますね。

そこで今回の最高速チャレンジですが、証拠の残るものとしてはおそらく「シロンではもっとも高いスピード」だと思われます。
ただ、ブガッティ自身は「500km/hも不可能ではない」としており、今後はさらに高い記録が達成されるのかもしれません。

i

現在「最高速」の争いは激化しており、もう「時速400キロ以上じゃないと争いに参加できない」状態。
現在の記録ホルダーはケーニグセグ・アゲーラの444km/hですが、このほかにも「未計測」しかし世界最速たるポテンシャルを持つクルマが多数控えていますね。

参考までに、下記は現在の「400キロオーバー」のツワモノとその予備軍。

ケーニグセグ・アゲーラRS(時速277マイル/444キロ)
ヘネシー・ヴェノムGT(時速270マイル/434キロ)
ブガッティ・ヴェイロン・スーパースポーツ(時速263マイル/423キロ)
SSCアルティメイト・エアロ(時速256マイル/412キロ)
サリーンS7ツインターボ(時速248マイル/400キロ)

~未認定、または未計測~

ヘネシー・ヴェノムF5(時速301マイル/484キロ) 
SSCトゥアタラ(時速483キロ)
ケーニグセグ・ジェスコ(時速482キロ)
ブガッティ・シロン(時速261マイル/420キロ) 
ピニンファリーナ・バッティスタ(時速402キロ)
アルティマRS(時速402キロ)

VIA:Top Gear

あわせて読みたい、「世界最速」関連投稿

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI)
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5