>韓国の自動車メーカー

ヒュンダイが最高にスパルタンなホットハッチ「i30 N プロジェクトC」発表。「C」はカーボンを表す超軽量モデル

投稿日:

| 限定台数は600台、欧州のみでの販売 |

ヒュンダイは前BMW M部門のボスはじめ、元BMWのエンジニア等によって率いられるハイパフォーマンスカー部門「N」ブランドを展開していますが、今回フランクフルト・モーターショーにて「i30 N プロジェクトC」を発表。

これはi30Nの軽量スパルタンモデルという位置づけとなり、すでに「ゴルフ以上」のパフォーマンスを誇るとされるi30Nをさらにチューンしたモデルだけに、相当なパフォーマンスを誇ることになりそうです。

なお、こちらがベースとなるi30 N。

【動画】オイオイどうしたVWゴルフGTI!ヒュンダイi30 Nに3本勝負でストレート負け

i30 N プロジェクトCにはブルーが用いられない

なお、ヒュンダイNモデルの「N」はヒュンダイの本社所在地(Namyang)の頭文字、そしてニュルブルクリンクをイメージしており、そのイメージカラーは「Nブルー」。

ただし今回のi30N プロジェクトCにはブルーが使用されず、イカツいマットブラック(グレー?)にてペイントされています。

e2dd7728-hyundai-i30-n-c-11

ヒュンダイによると、i30 N プロジェクトCは「より軽く、より低く、さらにアグレッシブ」。
そして「C」の意味するところは、ヒュンダイN部門のテストサーキット内にある開発拠点”エリアC”を指し、あわせて「カーボンファイバー(Carbonfiber)」「センターグラビティ(Center of gravity=いわゆるロールセンター)」を指す、とのこと。

そしてこのヒュンダイi30 N プロジェクトCは単なるコンセプトカーではなく、実際に600台限定にて販売される、ということもアナウンスされています。

36d71100-hyundai-i30-n-c-10

ヒュンダイi30 N プロジェクトCのエンジンは2リッターT-GDI(4気筒ターボ)で出力は271馬力。
これはi30 Nにパフォーマンスパッケージを装着した際の出力と同じであり、かつほかにももっと出力の高いFFスポーツカーも存在するため(ホンダ・シビック・タイプR、フォルクスワーゲン・ゴルフTCRなど)特筆すべき数字ではありませんが、裏返せば「この数字でも標準モデルのi30Nと十分な差が体感できる」ほどのポテンシャルを持つ、ということなのかもしれません。

030c6ee2-hyundai-i30-n-c-1

i30 N プロジェクトCとi30 Nとの最大の相違は「重量」だといい、そのネーミングの通りカーボンファイバーが大量に採用。
フロントスプリッター、ボンネット、リアディフューザー、サイドスカートはカーボン製へと置き換えられ、OZ製の鍛造ホイールにて22kgの軽量化に成功しています。

9af7e307-hyundai-i30-n-c-23

そのほか、カーボン製の軽量バケットシートも重量削減に貢献しており、これらをプラスすると全体で50キロの軽量化に繋がっている、とのこと。

ef57e1a5-hyundai-i30-n-c-15

さらにヒュンダイはi30 N プロジェクトCのサスペンションを6ミリ下げることでロールセンターを8.8ミリ落とし、ハードなレートを持つショートダンパー&スプリングにて優れたハンドリングを獲得した、と主張。

da4657fd-hyundai-i30-n-c-6

ヒュンダイi30 N プロジェクトCのインテリアはこうなっている

そしてi30 N プロジェクトCのインテリアもi30 Nとは差別化が図られ、上述のバケットシートの他、パーツやシートのアクセント、ステッチには「ディープオレンジ」が採用されています(これはエクステリアにも採用されている)。

なおステアリングホイールのスポーク付け根左側にあるオレンジのレバーはドライブモード、右側はNモードへの切り替えスイッチ。

24a615a2-hyundai-i30-n-c-17

トランスミッションはマニュアルのみで、これはi30 Nと同じです。

f0b28d1f-hyundai-i30-n-c-16

現在ヒュンダイN部門で責任者を務めるのは元BMW M部門のボス、アルバート・ビアーマン氏。
ヒュンダイi30 N発売時にも「ゴルフGTIよりも楽しい車だ」という不敵な発言を行っている他、古巣のBMWを「Mモデルを乱発しすぎだ」と批判したことも。
つまりはそれだけヒュンダイに浸りきっているということになり、これはこれで恐ろしいことだ、とも思います。

今回のヒュンダイi30 N プロジェクトCについて、その価格は発表されていませんが、これだけカーボンを使用していれば「かなりの価格」となりそう(エンジン出力を上げなかったのは、価格を抑えるためかも)。
それでも購入者が600名集まるのかどうかは疑問ですが、「すいぶん思い切ったなヒュンダイ」と感じさせるクルマですね。

f8cc1c71-hyundai-i30-n-c-32

VIA:Hyundai

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->韓国の自動車メーカー
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5