■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■ニュース

【動画】VWゴルフは45年でこう変わった。これまで7世代、全長と全幅は毎回拡大し、全高はゴルフ6以ずっと降低く。価格は6.9倍に

投稿日:

| この傾向だとゴルフ8はよりロー&ワイド、そして価格ももちろん上昇 |

フォルクスワーゲンは、つい先日ゴルフ8のティーザー画像を公開していますが、今回はその「8世代分」の進化を動画にて示しています。
動画の内容としてはスケッチと実車の写真とを組み合わせたもので、これまでの変遷がよく分かるようになっています。
なお、フォルクスワーゲン・ゴルフはこの45年間に3500万台を売り、割合でいうと「41秒に1台」が売れているというベストセラー。
それだけにフォルクスワーゲンはゴルフ8のモデルチェンジに失敗ができず、相当なプレッシャーを感じているのかもしれません。

初代VWゴルフはこんなクルマだった

初代ゴルフ(ゴルフⅠ)は1974年に発表され、日本では1975年から販売開始。
ジョルジエット・ジウジアーロによるデザインを持ち、彼の出世作となったことでも有名ですね。
直4エンジン(当時から1.5-1.6リッター)を横置きにしたFFレイアウト、そのデザインなど現在のゴルフ7に至るまで受け継がれていることを考えると、いかにこの「初代」が優れていたかがわかります。
オープンモデルの「ゴルフ・カブリオ」、そして派生としてスポーツモデルの「シロッコ」も誕生した世代。
なお「GTI」はこの世代から存在しています。

ボディサイズは全長3,725、全幅1,610、全高1,410ミリで、現代のup!とちょうど同じくらいですね。

登場時の価格は北米で3,330ドル、つまり36万円くらいであり、今となっては信じられない設定(もちろん当時の物価水準からすると適正)。

1

VWゴルフ2では4WDモデルも登場

二代目ゴルフ(ゴルフⅡ)は1983年に登場。
デザインはキープコンセプトですが、4WDモデルの「シンクロ」「カントリー」が登場したり、とメカニズム的な発展を遂げた世代。
シロッコ、コラードといった派生モデルも登場しています。
ボディサイズは全長3,985、全幅1,665、全高1,415ミリ、発売時の価格は7,990ドル。

2

VWゴルフ3ではハイパワーモデル「VR6」も

三代目(ゴルフⅢ)は1991年に登場。
ワゴンボディやヴェントといった派生モデルも生まれています。
ボディサイズは全長4,020ミリ、全幅1,695ミリ、全高1,420ミリ、ですが、ブリスターフェンダーを持つVR6、GTIは全幅1,710ミリという3ナンバーサイズへと成長することに。
登場時の価格は8,995ドル。

3

VWゴルフ4は高級化、大型化

四代目(ゴルフⅣ、1997-2003)は一気に高級路線に。
日本では3ナンバー化した初の世代として知られ、3.2リッターV6を搭載した「R32」も登場。
アウディ(A3、初代TT)と同じプラットフォームを使用し、塗装やパネルの品質もアウディ並みとなった世代ですね。
全長4,155、全幅1,735、全高1,455ミリ、発売時の価格は14,900ドル。

4

VWゴルフ5だけが「特異な」デザイン?

ゴルフ5(2003-2009)は大きくデザインが変更され、ボディ表面がフラッシュサーフェス化。
ヘッドライトやテールランプが大きく、全世代通じ、ゴルフ5のみが「ちょっとテイストが異なる」ようですね(ただしこの世代からテールランプが横長傾向に)。※全高も一気にアップしている
ゴルフ5では画期的な「DSG」が積まれたことがトピックで、これは自動車業界におけるひとつの「革命」とも言えるほど。
全長4,205ミリ、全幅1,760ミリ、全高1,520ミリ、登場時の価格は16,990ドル。

5

VWゴルフ6はゴルフ8に至るまでの流れを作ったモデル

ゴルフ6(2008-1012)はゴルフ5と構造が大きく変わらず(プラットフォームもキャリーオーバー)。
ただしヘッドライト、テールランプが横長になり、その後のゴルフ7、そしてゴルフ8へとつながるデザインが確立されてきたとも言えそう。
ボディサイズは全長4,210ミリ、全幅1,790ミリ、全高1,485ミリで、これまで拡大の一途だった全高がはじめて「低められ」、ロー&ワイド方向に転じた、と言えそうです。
発売時の価格は17,995ドル。

6

VWゴルフ7はよりロー&ワイドに

現行世代のゴルフ7(2013-)はプラットフォームが一新され、フォルクスワーゲン・アウディグループのキモ入りとなる「MQB」採用(これによって先代比100キロ程度も軽量化)。
グループのマスメリットを最大限に押し出した車で、品質や装備において同クラスの他社製品を大きく凌駕しており、とくにゴルフRは現在ぼくの考える「コストパフォーマンス最強」車のひとつ。
ボディサイズは全長4,225ミリ、全幅1,799ミリ、全高1,452ミリという数字で、さらに全高が低められることに。
登場時の価格は22,825ドルです。

7

ゴルフ8はコンパクトカーの基準を「塗り替える」

そして最新のゴルフ8(まだ写真は公開されていない)。
ゴルフはこれまでずっと全長と全幅が拡大されてきており、そして世の中の傾向を見るとゴルフ8でもそれは継続されそう。
ただし全高はゴルフ6から「段階的に低く」なっていて、ゴルフ8ではさらに低くなっているかもしれませんね。

v

VIA:Volkswagen News

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5