>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) ■そのほか車関連のネタなど

【動画】エンブレムは手書き!タイにて、ダンボールからフェラーリFXX Kのレプリカを作った男(中身は鋼管スペースフレーム)

投稿日:2019/10/29 更新日:

| ここまでの情熱を持つ男を埋もれさせておくのはもったいない |

タイにて、フェラーリFXX K(のようなもの)をダンボールで作った男が話題に。
今回動画にてその制作状況が紹介されていますが、その情熱はまさに驚愕のレベル。
なお、外装こそダンボールではあるものの、その内側にはパイプ製の”チューブラーフレーム”を持ち、エンジンも搭載して自走可能という力作です。

いったいどうやってこのクルマを作ったのか、その過程をここで見てみましょう。

このラ・フェラーリは完全な「スクラッチビルド」

このクルマはタイの青年によって「ゼロから」作り上げられたクルマ。
こんな感じでスチール製のパイプを溶接し、フレームを作り上げていますが、作業しているのは屋外で、様々なマイナス環境をモノともしないメンタルがナイス。

z7

ドラポジ?調整中。
なお、バイクのものと思われるエンジンが搭載され、チェーンにて後輪を駆動することで走行可能。
ステアリングホイールではなく、自転車のハンドルを流用しており、それを(自転車で曲がるときのように)動かすことにより前輪で舵を切るようですね。

z8

試験走行中!

z6

シャシーが完成したということで、次はボディに取り掛かります。

z3

昼夜徹しての作業。
なお、作業場は相変わらず屋外なので、雨が降ったときはビニールシートで天幕をつくり、車体をビニールで覆って保護しています。

z2

「Ferrari」エンブレムもお手製で、なんとこれまでもがダンボール。
Ferrari文字、プランシングホース(跳ね馬)は手書きという素朴さです。

z

リアウイング、リアディフューザーつき。
なお、リアに装着されるプランシングホースもダンボール製(こちらは馬の形に切り抜かれている)。

z5

ドアはガルウイング。
ドアミラーはダンボール製ではなく、おそらくはバイクから流用した、樹脂製のハウジングを持つ「ちゃんと後ろを確認できるもの」。

z9

ダンボールに着色せず、「ダンボール地のまま」というところに好感が持てますね。
こちらがその制作過程を記録した動画ですが、こういったチャレンジを行う若者の姿を見ると、なんとなく胸が熱くなったりします。

なお、こちらは完成状態(ちゃんと走ってる)。

ほかにもある、ダンボール製のスーパーカー

意外とダンボールでスーパーカーを作る人は多く、これまでにもいくつかの例がネットを賑わせていますが、日本だとやはり「ダンボルギーニ」として話題となったアヴェンタドールのダンボール製レプリカが有名ですね。

sadefrwswefcrw

なぜフェラーリじゃない?石巻の会社がダンボールでランボルギーニを製作

そして台湾では「先祖に捧げる」としてやはりダンボールでアヴェンタドールを作った青年も。

台湾にて、先祖に捧げるためにランボルギーニをペーパークラフトで作った男が登場

VIA:NHẾT TV

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >フェラーリ(Ferrari), ■そのほか車関連のネタなど
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5