■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWがM2 CS発表を目前に「M2 CSレーシング」の画像を公開。M2 CS発表前に”M2を盛り上げる”?

投稿日:

| ただしその外観はM2 CSよりもM2コンペティションに近い |

BMWが「M2CS」発表を前に、「M2Sレーシング」の画像を公開。
これはその名の通りM2をベースにした「レーシングカー」で、2020年第2四半期からカスタマーカーとしてデリバリーされるそうですが、その外観は残念ながらM2 CSを示唆するものではなさそう。

ちなみにBMWはロードカーよりも先に、それをベースにしたレーシングカーを発表した例(M8 GTE)があり、ポルシェで同様のケースだとケイマンGT4(レーシングカーであるケイマンGT4 CSが先に発表された)といった事例も。

M2 CSのポテンシャルは第一級

現在のところ新型BMW M2 CSについて公式な情報はなく、ただしウワサによるtpS58エンジン搭載にて450馬力前後を発生し、大幅な軽量化が行われることになりそう。
軽量化についてはインテリアにも及び、4シートレイアウトを継続しながらも、フロントシートには軽量バケットシートが装着され、かつ着座位置を下げることで(ルーフのカーボン化とともに)低重心化が図られる、とも。

エクステリアだとフロントバンパー、サイドシル、リアバンパー、リアディフューザーが変更を受け、軽量ホイールの装着もまず間違いなさそう。

現在のところ、プロトタイプではありますが、BMW M2 CSはホッケンハイム・サーキット(GPレイアウト)にて1:55.80を記録しており、驚くべきことに BMW M5コンペティション(1:55.60)、メルセデスAMG GT S(1:55.60)、ホンダNSX(1:55.30)よりも速く、ポルシェ718ケイマンGTS(1:56.00)、ポルシェ911GT3(1:56.41) にわずかに遅れる、という数字です。

【動画】発表前のBMW M2 CSがホッケンハイムで1:55.80を記録!BMWでは二番目に速く、GRスープラのタイムを3秒上回る

つまりはとんでもなく速いのがBMW M2 CSということになり、スポーツカーの勢力図を大きく塗り替えることになりそうですね(BMWは、M2 CSについて、レーシングカーにそのままナンバープレートをつけたようなクルマだと表現)。

なお、ベースとなるBMW M2は発売当初から非常に評価が高く、高くなりすぎたM4に比較するとまだ求めやすいこと、そしてコンパクトで軽量なところから高い人気を集めています。
さらには多くのジャーナリストが「もっとも優れたMモデル」と評価しており、それだけにM2 CSには大きな期待がかかろうというもの。

あわせて読みたい、BMW M2 CS関連投稿

M2 CSについてはリークやプロトタイプの目撃情報などが多数あり、ここでその一部を紹介してみたいと思います。
ちなみにM2 CSのウワサは2017年頃からすでに出ていて、BMWの内部を名乗る人が、BMW専門掲示板にて「M2 CSは2018年から受注が開始される」とコメントしてましたが、しかしそれはガセであったようですね。

https://intensive911.com/?p=176744

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5