>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

【動画】中古で購入した30万円のシビックに”1気筒ひとつ”、4ターボを装着した男!さらには雪上走行用にフロントタイヤをキャタピラー化

投稿日:2019/12/22 更新日:

| フォルクスワーゲンも使用するボルグワーナー製K03ターボは1個28,000円 |

カナダ在住のユーチューバー、ブーステッドライフスタイル(Boosted Lifestyle)氏がホンダ・シビックに「4ターボ」を装着した上で(カナダだけに)雪上を走るためにタイヤをキャタピラー風に換装するという動画を公開。

なお、ベースとなるシビックは30万円程度で購入してきた中古車で、エンジンはもともと1.6リッター4気筒自然吸気(B16)。
これになんと「1気筒につき1つのターボ」を装着したのがこのシビックで、タービンそのものはボルグワーナー製K03。
これはフォルクスワーゲンによく使用されているユニットだそうで、小排気量エンジンに向いている上、その価格もひとつあたり2万8000円ほどと非常に安価なことが特徴。

もちろんエキマニ含むパイプはすべてオリジナルで、エンジンからタービンへ排気を、タービンからインテークへとエアを送り込むパイプも専用設計。
そしてそれらを配置するためにラジエター等も移動させられることに。
ブーステッドライフスタイル氏はこういった難しい作業をクリアして「4ターボシビック」を作り上げることに成功しているものの、タービンとエアクリーナーをエンジンルーム内に収めることは難しく、ボンネットの装着は不可。

s2

その後、タイヤを「雪上仕様」へ

とりあえずタービン装着が完了し、ちゃんと動作することを確認した後にはタイヤ交換。
まずはジャッキアップしてホイールハウス内のクリアランスを確認します。

s8

思ったよりもクリアランスが小さく、ブーステッドライフスタイル氏はダンパーを加工して「キャタピラー」の入るスペースを確保。

s7

その後キャタピラーを用意。
こういったパーツを使おうというのは「雪国ならでは」ですね。

s6

「仮」でタイヤに巻いてみるものの、巻いた後の直径が大きくなりすぎてホイールハウスに収まらない!

s5

そこでブーステッドライフスタイル氏は鉄チン(スチール)ホイールにキャタピラーを直に溶接するという方法を採用。

s3

完成した状態がこちら。
キャタピラー装着時の直径が(タイヤ外形より)小さいようですが、雪上を走る分に問題ないようですね。

s

それでは動画を見てみよう

まずこちらは4ターボを装着する動画。
全部で7つの動画に分かれていますが、これは最後の「完成編」。

そしてこちらが最新の「キャタピラー化」を行う動画。

VIA:Boosted Liftstyle

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5