>ランボルギーニのミニカーや小物 >その他ポルシェ関連/ニュース ■その車関連のネタなど ■カメラや家電などガジェット系 ■ニュース

コレちょっと欲しいな!オートアートからポルシェ空冷エンジン風のレタースタンドなど新製品が到着。新作モデルカーも見てみよう

投稿日:2019/12/06 更新日:

| オートアートはそのセレクトがなかなか渋い |

精度の高いミニカー(モデルカー)の製作・販売で知られるオートアート(AutoArt)より、いくつか新製品が発表に。
その中でもいくつかの製品が非常にイケていて、ここで紹介してみたいと思います。

まずは「空冷エンジンレターホルダー」。
文字通り手紙などを立て掛けておくものですが、ポルシェ911の空冷エンジンを模したデザインを持っていますね。
なお、画像を見る限りではかなりよく出来ているという印象ですが(オートアートなので当然か)、にもかかわらず価格は3,300円というリーズナブルな設定です。※数年前に試作品が公開されていたが、日本にはなかなか入荷してこなかった

ミニカーだけではなくグッズの精度も高かった

実際に手紙などを立てかけるとこう。
DMや写真を保管するのに良さそうですね。
ちなみにファンのカラーはレッドのほか、イエローもラインナップしています。

4708317604_2

そして2つ目は「V10エンジン ネームカードホルダー」(13,750円)。
キャブレター仕様のV10エンジンを再現したデザインで、エンジンヘッドカバーはレッド。

4708317823

こんなかんじでカパっと開くようですね(左右にも展開する)。
キャブレター部分はポリッシュ(もしくはメッキ)仕上げ、本体はマットなシルバー仕上げ。

4708317823_1

そして3つ目はキャブレター ソルト&ペッパーシェイカー(13,200円)。
こちらもまた質感の高い製品ですね。

4711305423

キャブレター部分がソルト&ペッパーに。
全面も開閉します。

4711305423_1

オートアートはこんなメーカー

オートアートは1999年設立と比較的新しいミニカーメーカーで、香港系アメリカンブランド(ゲイトウェイグローバル社系列)。
1/18というビッグスケールを流行らせたブランドでもあり、その精巧さや可動式ギミックの完成度は他の追随を許さない、と認識しています。
加えてモデル化するクルマのセレクトがマニアックで、ロケットバニー製エアロパーツを装着したチューンドカーや、頭文字Dや湾岸ミッドナイトに登場したクルマたち、RWBポルシェなどを忠実に再現しています。

ここでいくつかその製品を見てみたいと思いますが、こちらはランボルギーニ・チェンテナリオ。
1/18サイズで、コクピット、エンジンルームが忠実に再現されています。

ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ。
こちらも驚くべき再現性を持っています。

日産スカイラインRS ターボ・スーパーシルエットといった珍しいクルマのモデルカー化も。

ブガッティ・シロンは「専用バッグ」つき。

アストンマーティンDB11。

ホンダ・シビック・タイプR。

アストンマーティン・ヴァルカン。

ブガッティ・ヴィジョン・グランツーリスモ。

パガーニ・ウアイラBC。

VIA:Autoart

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニのミニカーや小物, >その他ポルシェ関連/ニュース, ■その車関連のネタなど, ■カメラや家電などガジェット系, ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5