■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・パナメーラ関連 >ミッションE/タイカン関連

新型ポルシェ”タイカン・クロスツーリスモ””パナメーラ・スポーツツーリスモ”試作車が目撃!同じワゴンボディでもかなり印象が異なるようだ

投稿日:2019/12/12 更新日:

| タイカン・クロスツーリスモは思いのほかスポーティ |

ポルシェ・タイカン・クロスツーリスモと思われるプロトタイプのスパイフォト。
寒冷地テストを行っている最中かと思われますが、コンセプトモデルとして発表された「ミッションEクロスツーリスモ」に比較すると車高が低く、樹脂製のクラッディングも見られず、「パナメーラ・スポーツスーリスモ」のような仕様です。

ちなみにこちらがミッションEクロスツーリスモ。

「クロス」という名がつく通りにオフロードを意識した仕様を持っていますが、今回目撃されたプロトタイプには「それがない」ということですね。※タイカン”クロスツーリスモ”の名称も確定ではなく、市販時にはミッションEクロスツーリスモクロスツーリスモから大きな変更があるのかも

ポルシェがまさかの「クロスオーバーEV」、ミッションEクロスツーリスモ発表。これがEV第二弾?

タイカン・クロスツーリスモは「クーペ風ワゴン」?

なお、このスパイフォトを見るに、タイカン・クロスツーリスモは「ワゴン」というよりはスポーツカー的。
全体的にキャビンがコンパクトに見え、「3ドアハッチバック」っぽい雰囲気すらあるようです。

porsche-taycan-cross-turismo-spy-photo

リアクォーターウインドウは偽装のように見えますが、パナメーラ・スポーツツーリスモとはまた異なる形状を持ち、なぜこの形状にしたのかは不明。

porsche-taycan-cross-turismo-spy-photo (2)

リアウインドウは傾斜が強く、ルーフ自体も後ろに向かって下がっててい、こういったところも「クーペ」的ですね。
リアウインドウは「左右」にも狭く、面積が狭い=キャビンが上下左右に絞られている、ということになりそうです。

porsche-taycan-cross-turismo-spy-photo (3)

まだまだ市販モデルがどうなるかはわからないものの、このスパイフォトを見るに「アクティブなイメージがあり、タイカンよりも格好いいんじゃないか」という気もします。

ポルシェは新型パナメーラ・スポーツツーリスモもテスト中

そしてこちらはパナメーラのワゴンバージョン、「パナメーラ・スポーツツーリスモ」のフェイスリフト版。
先日よりパナメーラ、パナメーラ・スポーツツーリスモともにプロトタイプが目撃されることが多くなっていますが、上の「タイカン・クロスツーリスモ」に比較するとかなり大きな車体であることが改めてわかります。

2021-Porsche-Panamera-Sport-Turismo-16-CSP

今回のプロトタイプは「ほぼ偽装なし」、しかしテールランプ周辺にはわずかにカモフラージュが残るのみ。
フロントについては新型(フェイスリフト版)パナメーラと共通したデザインを持っているようですね。

2021-Porsche-Panamera-Sport-Turismo-13-CSP

新型ポルシェ・パナメーラの内外装は”新型911に近くなる”。軽偽装のプロトタイプからいくつかの事実が判明

2021-Porsche-Panamera-Sport-Turismo-14-CSP

リアについては、偽装シートが示すとおり、左右テールランプの「内側」が変更されることになりそうですが、おそらくは車体中央に向かって「延長」されることになりそうですね。

ちなみにこちらは現行パナメーラ・スポーツツーリスモ。

あわせて読みたい、新型パナメーラ/パナメーラ・スポーツツーリスモ関連投稿

新型ポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリスモ試作車が再度目撃!新型911のように「なめらかな表面」を採用か

新型ポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリスモが目撃に。発表から2年でフェイスリフトする理由とは?

新型パナメーラはこうなる?おそらくはかなり実物に近いと思われるレンダリングが登場

VIA:Motor1, CARSCOOPS

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >ポルシェ・パナメーラ関連, >ミッションE/タイカン関連
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5