>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

【動画】悪魔のZどころじゃない!朽ち果てた廃車から全身フルカーボンボディに生まれ変わったフェアレディZがカッコイイ!

投稿日:2019/12/19 更新日:

| 納屋に収められたまま錆落ちてしまう運命だったフェアレディZが再び陽の目を見る |

Hoonigan AutoFocusが魔改造レベルにカスタムされた「フルカーボンボディ」のフェアレディZを紹介する動画を公開。
このフェアレディZのオーナーはショーン・バセットという人だそうで、20万円ちょっとで入手した、「クズ鉄同然の」朽ち果てた車体をレストアしながらここまで仕上げた、とのこと。
なお、ヘッドライト、マーカー等が装着されていないために(それだけではありませんが)規定を満たしておらず、公道走行はできないようですね。

作業う内容は「フルレストア」以上

こちらが入手したときのフェアレディZ。
もう崩壊寸前、といった印象です。

c31

そのフェアレディZがこんな立派な姿に。

c30

フロントはこんな感じで、けっこうワイド化されているように見えますね。
フェンダー上にはエア抜き用のルーバーが見られます。
フロントアンダーはかなり突き出た形状を持ち、サイドにはカナードも。
ヘッドライトの形を模したカバーがフェアレディZの雰囲気を色濃く残しているように感じます。

c6

ボンネットはエアロキャッチによる固定。
細かいところまでカーボンファイバーで構成されており、昇進正銘の「フルカーボン」。

c25

見る限りでは、リアサスペンション形式も改められているようですね。
リアウインドウはポリカーボネート製。

c24

リアフェンダーにもルーバーが設けられ、そのルーバーもカーボン製。

c21

前後タイヤはレース用。
公道を走ることができないクルマにここまでのコストを投じることができるというのは羨ましい限りです。

c3

公道走行は考えていないためにリアウイング、そしてリヤディフューザーもかなり「思い切った」取り付け方法ですね。
なおリアクォーターウインドウはポリカーボネート製。

c4

リアウイングは翼端までもカーボン製。

c8

ブレーキキャリパーはアメリカ人大好きなウィルウッド製。
ホイールはキャンディカラーにペイントされています。

c23

フルカーボン・フェアレディZのインテリア、エンジンルームはこうなっている

こちらはエンジンルーム。
遮熱のために金箔が用いられていますが、見たところオリジナルの直6からV8エンジンへと変更されているようですね(やはりLSエンジンだと思われる)。

c7

エキゾーストマニホールド(ヘッダー)にはバンテージが巻かれ、細部にまでこだわったカスタムカーであることもわかります。

c20

インテリアはまさにスパルタンで、走ることしか考えていない、という感じ。
ハンドブレーキレバーが屹立しているところを見るに、このクルマはドリフト仕様であるようですね。
シフトレバー、ハンドブレーキ、そしてメーターパネルなどは外装同様に「カーボン製」。

c41

かなりゴツい、そして複雑な形状を持つロールバー。
これを見るに、エンジンは相当なパワーを発生するであろうことも想像できます。
シートはサベルト製のレーシングバケット。

c2

ペダルもブレーキと同じくウィルウッド製が採用されています。

c

VIA:Hoonigan AutoFocus

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->日産/インフィニティ(Infinity), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5