>ブガッティ(BUGATTI) ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

【動画】これがブガッティ・シロン”エルメス”の納車風景だ!巨大なエルメスの「オレンジ色の箱」に入って届けられる!

投稿日:2019/12/29 更新日:

| 一生忘れられない思い出になりそうだ |

さて、先日ブガッティが自身のインスタグラムにて、完成したシロン”エルメス”をアップして大きな話題を呼びましたが、今回は実際に納車を受けたオーナーのマニー・コシュビン氏が実車のレビューを動画にて公開しています。

そしてマニー・コシュビン氏いわく、「このクルマはクルマ以上の存在だ。完成するまでの道のりはまさに旅路だといっていい」とのこと。

ブガッティ・シロン「エルメス・エディション」完成!内外装はホワイト、その理由はコレクターが苦労して最初に購入したクルマにあった

ブガッティ・シロン・エルメスが完成するまではこういった道のりがあった

まずは2016年11月にブガッティがシロンを発表したのち、すかさずマニー・コシュビン氏はこれを注文。
なお同氏はブガッティ・ヴェイロン・レンブラント、そしてマンソリーがカスタムしたフルカーボンボディのヴェイロンを所有しています。

なお、このときに考えていたのはブラックとレッドの組み合わせだったようですね。

q4

そして2017年6月にはプロダクションモデルを試乗。
なお、シロンをエルメス仕様とするにあたってはなかなかエルメスが首を縦に振らなかったようですが、粘り強く交渉してついに「エルメス仕様のシロン」が実現することに。
これについて、マニー・コシュビン氏は「ネバー・ギブアップ」という自身のモットーの賜物であると述べており、エルメスのスタッフも後日同士に「NEVER GIVE UP」と記したレザーのサンプルを送っています。

b

ブガッティ・シロン・エルメス完成!完全ワンオフモデルが富豪への納車に向けてスタンバイ

なお、マニー・コシュビン氏はイランから戦争を避けて14歳の時に米国へと移住していて、当時は父親とともに車中にて生活する「ホームレス」。
その後スーパーのカート係や床掃除係を経て独立し、最初に行ったのは「ピーナッツ売り」。
他にも様々なビジネスへと進出し、28年後の現在では総額33億円の価値があるクルマに囲まれ、37億円の豪邸を手に入れるまでに富を築いています。

q12

【動画】米富豪「納車されたポルシェ935を紹介する。俺は14歳で戦争から逃れてここに来て、今では37億円の豪邸、33億円のクルマに囲まれている。どうやったかを話そう」

納車されたブガッティ・シロン・エルメスを見てみよう

まずは納車場所となる自身のガレージ裏駐車場に現れるマニー・コシュビン氏。
乗っているのは「足」として活用しているロールスロイス・ドーンで、シロン・エルメスと同じ「内外装ホワイト」。

q

そして駐車場に鎮座するエルメスのオレンジ色の箱。

q2

箱の上部からホワイトとオレンジの風船が放たれた!

q3

箱がババンと開くと中からエルメス仕様のシロンが登場。

q10

インテリアは真っ白。

q8

ドアインナーパネルにはエルメスの「馬」。

q9

リアウイング裏にも馬。

q6

ホイールはホワイト。
ブレーキキャリパーはなぜかオレンジではなくレッド。

q7

その後はエンジンをスタートさせて早速ドライブへ。
現在のところまだナンバーは未装着、そして劇的にスーパーカーのスタイルをスポイルする「5マイルバンパー」が装着済み(これについては、いずれ取り外す予定だと語っている)。

q110

米国で販売されるブガッティ・シロンに災難。「5マイルバンパー」の装着が義務付けられダサくなる

その後はドライブへ。
マニー・コシュビン氏は購入した車を売却(転売)することが少なく、コレクターではあるものの「実際にドライブする」ことを好む人物のようですね。

q13

VIA:Manny Khoshbin

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI), ■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5