>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

【動画】BMWでもっとも刺激的なサウンドを聞け!ワンオフコンセプト「BMW 3.0 CSL オマージュR」のレビューが登場

投稿日:2020/01/21 更新日:

| 画像で見るとちょっとキモかったが、動画で見るとカッコイイ |

世界中にて様々なレアカーの試乗レポートを届けてくれるスーパーカーブロンディさん。
かなり自動車メーカーとの深いつながりがあるようで、これまでにもランボルギーニ・テルツォ・ミッレニオのレビューも公開しています。

そして今回アップした一遍の動画はなんとBMW 3.0CSLオマージュR。
これは2014年に公開された「3.0CSLオマージュ」のレーシングバージョンという位置づけで、2015年に発表されたコンセプトカーで、今見ても十分「新しい」デザインを持っていますね。

BMW 3.0CSLはBMWにとって「一つの資産」

まず、こちらがベースとなったBMW 3.0CSLオマージュ。

BMW-3-0-CSL-Hommage-0

そして「何がオマージュ」なのかということですが、オマージュ元は1974年に登場した「3.0CSL シリーズ2」。
CSLとは「Coupe、Sport、Lightweight」をあらわしており、3.0CSLは1971年に発売された3.0CSを大幅に軽量化した、ツーリングカー選手権参加のためのホモロゲーション取得用モデル。
ボンネットや左右のドアをアルミにするなど現代の「M」にも通じる手法を採用するほか、ルーフやノーズ部分のパネルの厚みを削ったり、サイドウインドウをアクリル製に、そして前後ウインドウは薄肉化するなどの手法を取り、車体重量は1,365キロから1,165キロへ。軽量化されています。

なお、BMWは「CS」「CSL」の名称を復活させるとアナウンスしており、この3.0CSLオマージュがはその布石だったと言えそうです。

f7526a5d-bmw-3.0-csl-batmobile-4

【競売】生産わずか57台!BMW最初の「CSL」、3.0CSL"バットモービル"。しかも4台のみしか生産されなかったタイガ・グリーン

そしてこちらがBMW本社ミュージアム内に展示されている当時の3.0CSL。

a12

おそらくはスーパーカーブロンディさんのため、特別に用意されたようですね。

a13

そして同時に用意された3.0CSLオマージュRに早速乗り込みます。
シート位置はかなり低いようです。

a11

ステアリングホイールやダッシュボードは「いかにもコンセプトカー」。

a10

車内にはヘルメットが並びます。

a9

ペダルが「普通のMモデルに装着されるものと同じ」なところに妙な安心感を覚えますね。

a6

そしてエンジンをかけてアクセルを踏み込むスーパーカーブロンディさん。
マフラーはサイド出し、そして出口の形状は新型Z4のように「内側の上下に段差が付けられた」形状。
すでに2015年の時点でBMWはこのデザインをコンセプトカーに採用していて、その後市販車に採用してきたことがわかり、「コンセプトカーはたとえ発売されなくとも、市販車とつながっている」ということがわかります。

a8

そのサウンドには大喜びのスーパーカーブロンディさん。
彼女いわく、「数々のコンセプトカーのレビューを行ってきたが、実際にアクセルを踏むことが許されたのはこれが初めて」、とのこと。
そしてそのサウンドたるや素晴らしく、ぼくの知る範囲では「もっとも刺激的なサウンドを奏でるBMW」。

a5

その後はなんと試乗が許されることに。

a4

テールランプはなんとも特徴的な発光方法ですね。

a3

ヘッドライト内部の「✗」は昔のレーシングカーのヘッドライトに貼られていた、破損時のガラス飛散対策テープを再現したもの。

a2

なんとも美しく、そして刺激的なコンセプトカーですが、いかに高価になったとしても、限定にて販売すれば欲しい人がけっこういるかもしれませんね。

a

VIA: Supercar Blondie

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5