>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■ニュース

ニュル王者、ルノー・メガーヌR.S.トロフィーRが日本でも発売!カーボンホイール標準装備”セラミックパック”も

更新日:

| ただしメガーヌR.S.トロフィーRセラミックパックの価格は9,490,000円 |

ルノー・ジャポンが「ニュルブルクリンクFF最速」のみならず、鈴鹿サーキット、スパ・フランコルシャンにおいても「FF最速」コースレコードを記録したメガーヌR.S.トロフィーRを日本でも発売。

メガーヌR.S.トロフィーRシリーズは全世界で合計500台(日本は51台の割当)の限定生産ですが、その内訳は「メガーヌR.S.トロフィーRが470台(日本は47台)、メガーヌR.S.トロフィーR ”カーボン・セラミックパック”が30台(日本は4台)という構成です。
なお、ボディカラーは「ブラン・ナクレ(ホワイト)」のみ、価格についてはメガーヌR.S.トロフィーRが6,890,000円、メガーヌR.S.トロフィーR”セラミックパック”が1000万円近い9,490,000円。

かなりな高価格ではあるものの、メガーヌR.S.トロフィーRは本国でも邦貨換算670万円くらいの設定なので、ルノー・ジャポンは「頑張った」と言えそうです。

【動画】来るなら来い。ルノーがメガーヌR.S.でシビック・タイプRの持つ「スパ・フランコルシャンのFF最速記録」を更新

メガーヌR.S.トロフィーRは徹底した軽量化が施されている

ルノー・メガーヌR.S.トロフィーRに搭載されるエンジンは1.8リッター4気筒ターボ、出力は300馬力。
トランスミッションはゲトラグ製6速マニュアル、トルセンLSDとアクラポヴィッチ製エキゾーストシステム(軽量化のため、アクラポヴィッチ特有のテールパイプ装飾すらない)、オーリンズ製サスペンションが与えられています。
加えてボンネットはカーボン製、リアディフューザーもカーボン製(F1マシン同様に湾曲フィン)、シートはサベルト製モノコックレーシングタイプ、さらに後部座席も取り外されるというレースレディな仕様。
そのほかフラットボトム、専用大型ディフューザーの採用によって「市販車では極限」レベルのダウンフォースを獲得した、とアナウンスされています。

ルノー・メガーヌR.S.トロフィーRは先代からホンダ・シビック・タイプR、フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツとともにニュルブルクリンク最速争いを繰り広げており、新型メガーヌR.S.トロフィーRの開発にあたっても130kg軽量化が必須だという命題が与えられ、その実現のために供述のカーボン素材の採用、チタンマフラー採用、そしてガラスの薄肉化等が盛り込まれたわけですね。

interior_02_pc

なお、軽量化を優先するあまり、メガーヌR.S.の大きな特徴のひとつであった4輪操舵「4コントロール」も除去しており、それによって失われるリアタイヤのグリップを確保するためにアクスルを専用設計へ変更するといった変更も。

なお、通常のメガーヌR.S.トロフィーRと、メガーヌR.S.トロフィーR”セラミックパック”との相違ですが、セラミックパックではブレーキシステムがカーボン製となり、ホイールはなんとカーボン製(CARBON REVOLUTION製)に。
そしてフロントバンパー左右のエアインテーク内にあったチェッカーパターン状の「R.S.ビジョン」が取り払われ、かわりにブレーキを冷却する「ダイナミックエアインテーク」へと変更されています。

to

R.S.は「レーシングスポーツ」ではない

ちなみに「R.S.」とはほかメーカーのように「レーシングスポーツ」を表すわけではなく「ルノー・スポール」を表しますが、これは文字通り、F1をも担当するルノー・スポールが本気で取り組んだクルマ、ということを意味します。

その結果として新型メガーヌR.S.トロフィーRはニュルブルクリンクにて7:40.100を記録していますが、これは先代(2014)の7:54.360を大きく短縮するもの。
参考までに、2011年にメガーヌR.S.トロフィーがマークしたタイムは8:07.97、2008年には8:16.90という記録が残っていて、つまり10年くらいで36秒もタイムを縮めた、ということになりますね。ホンダ・シビック・タイプRのタイムは7:43.8

renault-megane-r-s-trophy-r (1)

ルノー・メガーヌR.S.がシビック・タイプRより3.7秒速く走りニュルFF王者へ。どうするホンダ!

メガーヌR.S.トロフィーRの購入はWEBから

メガーヌR.S.トロフィーRの購入についてはWEBからの申込みが必要で、すでに申し込みは開始されており、先着順となっています(限定台数に達し次第受付終了、申込金15万円が必要)。

メガーヌR.S.トロフィーR”セラミックパック”もやはりWEBからの申し込みが必要で、こちらはすでに受付終了済み(申込数が限定台数を超えた場合は抽選)。

VIA:ルノー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), ■ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5