■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

大径ブレーキローター装着の新型ゴルフGTI試作車が目撃に。ただし「ゴルフGTIらしくないボディパーツを持つ謎仕様

投稿日:2020/02/09 更新日:

| ボディアンダーにはGTI特有のエアロパーツが見られない |

先日、プリプロダクションモデルらしき画像がリークされた新型ゴルフ8世代のGTI。
今回はその新型ゴルフGTIらしき試作車が目撃されていますが、その仕様がちょっと変だと話題に。

おそらくフロントバンパーは「GTI」っぽいように見えるものの、フロントバンパー下部左右、サイドアンダー、リアアンダーに装着されるであろうブレード状のパーツはなく、これらの部分は「普通のゴルフと同じ」。
ただしレッドにペイントされたブレーキキャリパーには「GTI」の文字が見え、ブレーキディスクも通常モデルより大きなサイズを持つようです。

いったいこのプロトタイプの意味するところは

さらにルーフスポイラーも通常モデルと同サイズに見え、やはり「GTIっぽくない」印象も。

2021-vw-golf-gti-tcr-spy-photo (1)

リアから見ると、デュアルテールパイプがかろうじて「GTI」を意識させます。

2021-vw-golf-gti-tcr-spy-photo (2)

新型ゴルフはすでに発表されているものの、ヘッドライトやテールランプの一部が偽装されているのもまた謎なところ。

2021-vw-golf-gti-tcr-spy-photo (4)

ブレーキディスクは「大径」なだけではなくてドリルドローターを採用しているうようですね。

2021-vw-golf-gti-tcr-spy-photo (3)

これまでにはこんな「GTI」もリークされている

こちらは以前に流出した新型ゴルフGTIと思われる画像。
サイド、そしてリアアンダーにはブレード状のパーツが装着され、大きなテールゲートスポイラーが確認できます。
これと比較すると、今回目撃されたプロトタイプについては、これらパーツを「(通常のゴルフに見せるため)未装着」でテストしているのかも。

ウイングがデカすぎ!新型VWゴルフGTIの画像がリーク。現行同様のレシピなるもリアビューは一層過激に

そしてこちらはディーラー向けのカンファレンスにて公開されたと思われるプレゼンテーション画像。
ゴルフGTIやゴルフGTI TCR、ゴルフRのデザインが示されており、それぞれの出力も判明しています。
これによるとゴルフGTIは245馬力、ゴルフGTI TCRは300馬力、ゴルフRは333馬力。

そしてゴルフGTI TCRのフロントは「ハの字」を用いたランボルギーニ・ウラカン風、そしてゴルフGTIではなくゴルフRに近いデザインを持つことも見て取れますね。

新型ゴルフGTI/ゴルフRの情報がリーク。GTIは245馬力、GTI TCRは300馬力、ゴルフRは333馬力、そしてランボルギーニ風のデザインに

VIA:Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f