>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】巨大な新型メルセデス・マイバッハ、スタイリッシュな”EQS”が目撃に!加えてSクラスを今年に、さらに20ものPHEVを追加する予定が公式にて発表

投稿日:2020/02/12 更新日:

| メルセデス・ベンツは一気に”エレクトリック”へとシフト |

新型メルセデス・マイバッハSクラス、新型EQSのプロトタイプが相次ぎ目撃。
なお、マイバッハSクラスのベースとなる”メルセデス・ベンツ”Sクラスについては、つい先日に工場内部と思われる画像がリークされ、「偽装なし」の姿が出回ることに。
現段階で発表時期は未定ではあるものの、年末までには発表され、2021年モデルとして発売が開始されると言われています。

まったく偽装のない新型メルセデス・ベンツSクラスが工場からリーク!クロームパーツ多数、より高級そしてよりスタイリッシュに

メルセデス・マイバッハSクラスは「さらに高級に」

そしておそらくメルセデス・マイバッハSクラスにおいても(Sクラスと)同時期に発表される可能性が高く、しかしこちらはメルセデス・ベンツSクラスとは差別化が図られ、さらに多くのクロームパーツ等の装着によって高級感・重厚感が演出されるであろうことも想像できます。

a4

細かい仕様については不明な点が多いものの、V12エンジンの搭載は間違いなく(これは公的にコメントされている)、車体の延長、快適性の向上、高級素材の多用によって「現在のメルセデス・ベンツSクラスと、マイバッハSクラスとの」関係性よりも差が大きくなるとも言われていますね。

a5

【動画】新型メルセデス・ベンツSクラスとマイバッハSクラスとでは異なるドアハンドルを採用?現行モデルの反省から差別化を拡大か

新型メルセデス・ベンツEQSは「Sクラスとはまったく別のクルマ」?

そしてこちらは新型メルセデス・ベンツEQS。
「EQS」はメルセデス・ベンツのエレクトリックブランドである”EQ”のフラッグシップということになり、まったくのブランニューモデル。
「S」と名がつくものの、これまでのスパイフォト等から推測するにメルセデス・ベンツSクラスとは全く異なる外観を持っていることが確認されていて、短いボンネット、ウェッジシェイプなど「スポーツカー的」要素を持つクルマでもありますね。

a3

【動画】新型メルセデス・ベンツSクラス、エレクトリック版の「EQS」はけっこう違う!Sクラスは従来の顧客向け、EQSはパワーリッチ向け?

今回目撃されたプロトタイプには「クリアランスソナー」を確認でき、となると「ほぼ外観デザインは完成している」「いつでも生産にかかれる」と考えても良さそう。
ただしカモフラージュはあまりに分厚く、とくにリアサイドウインドウあたりは厳重な偽装が施されています。

a2

フロントと異なりテールランプは「暫定」。
リアウインドウの傾斜を見るに、クーペスタイルを持つと考えて良さそうです。

a

これらスパイ動画を見るに、メルセデス・ベンツSクラスはトラディショナルなセダン、EQSは新世代の「ジャンルに囚われないクルマ」ということになるのかもしれませんね。

メルセデス・ベンツは投資家向けに情報を公開

メルセデス・ベンツ(ダイムラー)は投資家向けに情報を公開し、この場で新型Sクラスについても言及。
その内容によると「未来的なインテリア、最新のMBUXを持ち、今年公開」だとされ、とくにインフォテイメントシステムにおいては「そのスタンダードを引き上げる」レベルになるだろう、とのこと。

たしかにこれまでのスパイフォトでも「これまでの優雅で重厚な」インテリアから一気に「テスラのような、大きなパネルを備えた先進的な」雰囲気へと進化することがわかっていて、これはメルセデス・ベンツにとって大きな「(新しい時代に向けた)一歩」だと言えそうです。

センターディスプレイ巨大すぎ!新型メルセデス・ベンツSクラスの内外装が捉えられる。次世代Sクラスはインテリアデザイン一新

そのほかメルセデス・ベンツは新型GLAをベースにした「EQA」を秋に発表すること、48ボルトシステムを活用したプラグインハイブリッドを現行モデル(CLAやGLAなど)のバリエーションとして追加することもアナウンスし、その数なんと「20モデル以上」。

CLA/GLAプラグインハイブリッドに関しては1.3リッター4気筒ガソリンエンジンにエレクトリックモーター、そして15.6kWhバッテリーを組み合わせ、出力は215馬力、エレクトリックモードでの走行可能距離は68kmに達すると言われ、「かなり高い環境性能を誇る」ことになりそうです。
メルセデス・ベンツはすでに「ガソリンエンジンの開発を終了」させたことを発表していますが、2020年代に入り、一気にエレクトリックへとシフトするということになりますね。

一方で「ディスコン」となるモデルも存在し、メルセデス・ベンツ初のピックアップトラックとなった「Xクラス」は5月をもって販売・生産ともに終了することも明言されています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5