>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

【動画】謎のブガッティ・シロン試作車が目撃される!フロントはシロン・スーパースポーツ300+、リアは普通のシロン。これは一体?

更新日:

| たしかにブガッティは「ラインアップ拡大宣言」を行っていたが |

南アフリカにて、謎のブガッティ・シロンが目撃。
なぜ南アフリカで?という疑問があるかもしれませんが、南アフリカはブガッティ含むフォルクスワーゲングループ傘下が好んで利用するテスト用ロケーション。
その理由としては「ドイツとほとんど時差がなく、リアルタイムで情報をやりとりできる」「南アフリカ政府が協力的」というものだと報じられており、むしろここで目撃されたということが「ブガッティがニューモデルを開発中」であるという事実に対する信憑性を高めているのかもしれません。

フロントはシロン・スーパースポーツ300+

そして今回の動画を見ると、フロントは「490KMM/H」という記録を打ち立てたシロン・スーパースポーツ300+と同じデザインを持つ模様。
フロントの馬蹄型グリル脇には大きなグリルが位置し、そこから端の方にエアを流してフロントフェンダー前から抜く形状はシロン・スーパースポーツ300+同様です。

v3

さらにはフロントのホイールハウス後ろからエアを排出する構造もシロン・スーパースポーツ300+(下の画像)と同一であるように思えます。

62ff8537-bugatti-chiron-topspeedrun-01

反面、フロントフード(ダクトがない)、サイドステップ形状と車体後半、リアエンドの形状は通常のシロンと同様に見え、つまり車体全体として見たとき、シロンとも異なり、シロン・スーパースポーツ300+とも異なるエアロパッケージを持っているわけですね。

【動画】新型ブガッティ・シロン”スーパースポーツ300+”プロトタイプが490km/hを記録し公式に「世界最速のクルマ」に!ケーニグセグの446km/hを大きく更新

なお、ブガッティCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏は「シロンにはもっとバリエーションが必要」だとも語っていて、今後も積極的にモデルラインアップを拡大する意向を示していますが、今回の謎シロンが新しいラインアップなのかどうかは不明です。

v

ブガッティCEO「シロンにはもっとバリエーションが必要だ。ディーボの派生モデルも登場する」。SUV計画は撤回し、より投資が小さくて済む”派生モデル戦略”にシフトか

ブガッティはジュネーブ・モーターショーにて「シロンR」を発表するとも報じられ、先日は搬入中と思われる様子がリークされたことも。
この画像を見るに、リアには巨大なウイングが装着されていて、今回南アフリカで目撃されたプロトタイプともまた違う仕様を持つということになりますが、このあたりブガッティが積極的にニューモデルの開発を行っている(ニューモデルが複数存在する)という証明ということになりそうです。

ブガッティが新型車「シロンR」発売とのウワサ!ブガッティはこれを否定せず、一方では巨大ウイングを装着した謎シロンが目撃

VIA:wilcoblock-instagram

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ブガッティ(BUGATTI), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5