>韓国の自動車メーカー ■ニュース

【動画】これがモデルカーだと!?内外装を完璧に再現し、インフォテイメントモニターも点灯する”3Dプリント”キアが登場

投稿日:2020/03/21 更新日:

| ライトやウインカー類はリモコン操作で点灯可能 |

韓国のモデラー、リー・サン・ウォン氏が「とんでもなく精巧な」キア・ソレントのモデルカーを作成。
それ単体で見たとき、モデルカーと言われなければ実車だと間違えてしまいそうな出来栄えです。

なお、全てのパーツは3Dプリンターによって製作されているそうですが、CADデータの提供はキアの協力によるもの。
本件に限らず、最近では自動車メーカーがライセンスを与えたミニカーメーカーに対してCADデータを提供するケースが増えており、ミニカー業界全般的に精度がぐっと向上してきているようですね。

完成したキア・ソレントはこうなっている

まずは完成した状態のキア・ソレントですが、どこからどう見ても「実車そのもの」。

a14

全体的なバランスも秀逸で、実車のような重厚感もありますね。

a10

いやこれ実車じゃないの?と思っていたら・・・

kia-modelcar3

ヒョイっと手で持ち上げます(けっこう衝撃的)。

kia-modelcar

ヘッドライトには3連LEDが仕込まれ、デイタイムランニングランプ、ウインカーも点灯可能。
これらの点灯については、リモコンを使用するようですね。

a11

ホイールはもちろんですが、その奥に見えるブレーキキャリパーも実車同様。

a7

テールランプ、そしてルーフスポイラーに装着されたハイマウントストップランプも点灯可能。

a12

実車そっくりのキア・ソレントはこうやって作る

そしてここからは、このキア・ソレントのメイキング状態。
こちらはまずCADデータを調整しているところです。

a9

それを3Dプリンターに出力。

a8

3Dプリントされたパーツを仮組みし、実車の画像と比較してみます。

a6

その後は塗装開始。

a5

ステアリングホイールはこんな感じ。
このあと、センターにはちゃんと「KIA」の文字が入ります。

a4

いったんパーツを組み付け、インフォテイメントディスプレイの発光テスト。

a3

こちらは完成状態ですが、インフォテイメントシステムが発光し、メーターパネル内のウインカーインジケーター、ドアミラーに内蔵されたウインカーが連動して発光していることもわかります。

a13

反対側から見るとこう。

a2

こちらはヘッドライトやデイタイムランニングランプ、ウインカーの製作やテストを行っているところ。
凄まじいまでのクオリティを持つモデルカーですが、世の中にはとんでもない情熱とスキルを持つ人がいるものですね。

a

VIA: Thestory

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->韓国の自動車メーカー, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5