>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】今度はアヴェンタドールSVJ。ダンボールで何でも作ってしまうユーチューバーがプロトタイプを完成させ試運転に

投稿日:

| そのほか、ブガッティ・シロン、ランボルギーニ・シアンFKP37、フェラーリFXX Kも作っている |

lamborghini-aventador

さて、先日紹介した「ダンボールでスーパーカーやスーパーバイクを作ってしまう」ベトナムのユーチューバー。

今回はランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのレプリカが完成に近づき、試運転を行う様子を動画にて公開しています。

なお、ダンボールで作るのは「外装」のみで、これまでの作品だと自転車にスーパーバイクの「ガワ」を被せたり、はたまたほかのバイクにダンボールの「ガワ」を被せたり。

クルマだと、自転車を4輪に改造したペダルカーにスーパーカーのボディを架装したりといった感じですが、今回のアヴェンタドールSVJは「エンジン付き」、そしてダンボールのボディをFRPにて補強したという、これまでにない手法を用いた「最新作」となっています。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのレプリカはこうやって作る

そして今回のランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(レプリカ)。

ベースとなる車体はこんな感じで「スペースフレーム」。

ステアリングラックも自作していて、シートは車体に直付けというレーシングカー同様の構造を持っています。

5

エンジンはバイク用をミドシップマウント。

車軸があまりに簡素なので「大丈夫か・・・」と思ってしまいますが、なんとかなるようですね。

6

その後はフレーム上にダンボールにてアヴェンタドールSVJのボディを組んでゆきます。

4

そしてダンボールの上にラップを巻き、ガラス繊維を敷いて樹脂を塗ってゆきます。

つまりはエアロパーツを作るときと同じ要領ですね。

3

FRPをカットして成形し、その後はドア、車体後部も同様にFRP化。

2

そしておおよそ外観が完成し、テストドライブに(エンジン音がまんま小排気量のバイク)。

10

狭い道ではバックギアを駆使して切り返し。

ホイールもアヴェンタドールそっくりですが、これは彼らが自身製製作したもの(ワイヤーやプレートを溶接して作っている)。

8

ベトナムっぽい風景とアヴェンタドールSVJとの組み合わせがなんともシュール。

79

ウイングやディフューザー、グリル、テールパイプなど、非常に良くできていることがわかりますね。

11

無事に試運転を終えて自宅へ。

今後はさらに各部をブラッシュアップし、最終的にはランプ類を組み込んだり塗装を行うものと思われます。

7

それでは動画を見てみよう

まずは彼らがシャシーを作る動画。

けっこう高い技術力を有しており、サムネイルを見ると「ホイールも”筒にワイヤーを溶接したもの”」であることがわかります。

要はフルスクラッチということですね。

その後にはダンボールでボディを架装。

FRPにて加工開始。

さらにボディを製作してゆきます。

こちらが最新の動画で、今回紹介した「試運転」編。

ちなみにこちらは別の作品で、ランボルギーニ・シアンFKP47。

こちらはブガッティ・シロン。

エンジンなしのペダルカーで、なんと「センターコクピット」です。

彼らを一躍有名にしたのがこのフェラーリFXX Kのレプリカ。

こちらは原動機付き。

ちなみに彼らの公開する動画はいずれも人気で、もう本物のアヴェンタドールSVJを買えるくらいお金を稼いでいるかもしれませんね。

VIA:NHẾT TV

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >フェラーリ(Ferrari), >ブガッティ(BUGATTI), ■ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5