■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

残念!ポルシェが出願した特許画像は「918スパイダー後継ではない」と公式に否定。”今のところ”はコンセプトカーのひとつにとどまる

投稿日:2020/05/02 更新日:

| 実際のところ、918スパイダー後継は「数々の選択肢の中から絞りきれていない」のだと思われる |

porsche-917-patent

さて、つい先日明るみになった「ポルシェの新型ハイパーカー」っぽいパテント画像。

ポルシェ918スパイダーの後継か?と言われたものの、どうやら「全く違う」ようです。

これはCAR AND DRIVERがポルシェに直接確認を取ったもので、ポルシェの広報によれば、「未来の我々のスポーツカーとは全く関連性がない」とのこと。

ポルシェが新型ハイパーカーの特許画像を出願!過去の”917”を連想させるデザインを持ち、広大なリアセクションには「水平対向12気筒搭載」??

この記事のもくじ1 | おそらくはガソリンエンジン時代「最後」の記念碑となりそうだ |1.1 ポルシェ917はこういったクルマ1.2 ポルシェ918スパイダー後継はこんなクルマに?1.2.1 新型ハイ ...

続きを見る

どうやらこれが市販されることはなさそうだ

そこで気になるのが「じゃあこれは何なの?」ということですが、このパテント画像は、昨年発表された「917リビング・レジェンド・コンセプト(下の画像)」のハードコア版だそう。

porsche-917-living-legend-concept (4)

この917リビング・レジェンド・コンセプトについては、1970年に華々しくデビューし数々の勝利を築いた917の現代版で、しかし実際に市販する予定はなく、単に「917の50周年を祝うコンセプトモデル」。

porsche-917-living-legend-concept (3)

なんとポルシェ公式!あの917を現代に蘇らせた「917コンセプト」を突如発表。917の50周年にあわせてポルシェミュージアムで公開へ

”718”同様、ロードカーとしての復活を希望 ポルシェがそのレーシングカー「917」の50周年を祝い、「917コンセプト」の画像を公開。ポルシェはジュネーブ・モーターショーにてシャシーナンバー001の ...

続きを見る

これは917を強くイメージしたデザインを持ち、レトロとも言えるデザインを持っています。

porsche-917-living-legend-concept (6)

そして今回のパテントについては、この917リビング・コンセプトに対してウイングレット付きのフロントスプリッターにサイドステップ、リアにもアグレッシブなエアロパーツを装着したもの。

porsche-917-living-legend-patent-image (2)

ポルシェいわく「よりサーキット走行に特化した仕様」とのことで、917リビング・レジェンド・コンセプトを現代のテクノロジーをもって、さらにエアロダイナミクスを磨き上げたものだと言えそう。

porsche-917-living-legend-patent-image (4)

ただ、ちょっと気になるところもあり、市販する予定もないクルマをなぜパテント登録するのか?ということ。

porsche-917-living-legend-patent-image (1)

ただし、これまでもポルシェ含む各自動車メーカーは「ひとまず(防御的意味合いで)パテントを申請しておく」傾向が強く、これもそのひとつなのかもしれません。

porsche-917-living-legend-patent-image (3)

気になるポルシェ918スパイダー後継は?

そして改めて疑問が出てくるのが「918スパイダー後継はどうなるのか」。

ただ、これについては「ポルシェすら決めかねている」のが実情だと思われます。

ポルシェは過去に「カレラGT」「918スパイダー」を発表していますが、いずれもそれぞれの時代における「最高のパフォーマンスをもつクルマ」。

よって、ポルシェ自身も「918スパイダーは、画期的な技術をもって革命を成し遂げるほどのクルマでなくてはならない」とし、そういった技術的なブレイクスルーが無い限りは918スパイダー後継の発売もない、と述べています。

ポルシェが918スパイダー後継、新型ハイパーカーについて語る。「ポルシェは全てにおいてトップでなくてはならない」。出力1000馬力以上のEVとなる可能性が大

| リマックへの出資比率を引き上げたことでポルシェの将来は大きく先進 | ポルシェはリマックとの関係性を強め、出資比率を10%から15%へと向上させていますが、これによってポルシェ918スパイダー後継 ...

続きを見る

そして、その技術的ブレイクスルーとは、おそらく「ソリッドステートバッテリー」だと思われ、しかしこの実用化を待つと「あと5年」くらいは必要だとも。

ポルシェ「918スパイダー後継は2025年までは発売できないだろう」。バッテリー技術がポルシェの求めるレベルに達するのに5年はかかる模様

ポルシェは現在数社とバッテリー技術向上に向け研究中 ポルシェは2015年にハイパーカー「918スパイダー」を発売していますが、常に話題になるのがその後継モデル。ポルシェは以前に「なんらかの技術的ブレイ ...

続きを見る

なお、ポルシェは918スパイダー後継につき、フルエレクトリックのみを唯一の選択肢としているわけではなく、「F1用V6ハイブリッドターボ」を搭載する可能性も示唆。

これについてもある意味では「革命」であり、ポルシェ製新型ハイパーカーにふさわしいパワーユニットだと言えそうです。

ポルシェ「F1用エンジンを新型ハイパーカーに積むかもしれん」「え?」「実は今までF1用V6ハイブリッドターボを開発していたのだ」

この記事のもくじ1 | ポルシェだけに、本当に市販車へF1用エンジンを積んできそうだ |1.1 ポルシェは最後に大きな花火を上げるのか1.2 ポルシェはF1に参戦する計画を持っていた1.3 F1用エン ...

続きを見る

こんな感じで現在様々な選択肢が検討されているのが次期918スパイダー後継ということになりそうですが、そのデザインについては「レトロ」、つまり917をイメージしたものになるかもしれないと言われたことも。

ポルシェ「918スパイダー後継はレトロなデザインを採用するかも」。実際に935、917のリバイバルを行ったところを見るに”ありそう”

| ただしポルシェだけに”単なるレトロ”では終わらない? | ポルシェのデザイン部門を統括するミヒャエル・マウアー氏が英国Autocarに語ったところによると、ポルシェは918スパイダー後継となるハイ ...

続きを見る

ただしこれも「一つの案」であると思われ、それが採用されることになったときのためにパテントを出願しておいた、ということなのかもしれませんね。

ポルシェ「918スパイダー後継はニュルのタイム6分30秒が必達目標だ。そのためにパワートレーンにもこだわらない」

| ポルシェは918スパイダー後継に高いチャレンジを課す模様。フルエレクトリックも? | 英国Autocar報じるところによると、ポルシェは次世代ハイパーカーの開発を考えていて、つまりこれは918スパ ...

続きを見る

VIA:CAR AND DRIVER

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >その他ポルシェ関連/ニュース, ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5