>フェラーリ(Ferrari) >ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】ブガッティ・ヴェイロンをフェラーリ純正色に再ペイントする工程!しかも「剥がせる」特殊塗料

投稿日:

| 費用が気になるが、一度やってみたいカスタムではある |

bugatti-veyron-ferrari

さて、ロンドンに拠点を構えるカーディティーリングショップ、「トパーズ・ディティーリング」。

これまでにもスーパーカーやハイパーカー、クラシックカーや年季の入った中古車の洗車やコーティング、プロテクションフィルム施工の様子を動画にて公開しています。

そして同ショップが得意とするのが「剥がせるペイント」トパーズスキン。

どんなカラーにも調合でき、ラッピングでは実現できないようなカラー、そして純正ペイント同様の深い輝きを実現できる、とされています。

【動画】世界50台限定、レクサスLFA NBRをワンオフの純金入りグリーンにオールペン!その様子を見てみよう

| グリーンのレクサスLFAは初めて見たが、これはこれで相当イケル | 超高級カーディティーリングショップ、トパーズ(Topaz)がレクサスLFAに全塗装を施す様子を公開。貴重なレクサスLFAに全塗装 ...

続きを見る

なお、ジャミロクワイのフロントマン、ジェイ・ケイもこのショップの顧客の一人であり、以前に自身のフェラーリGTC4ルッソを「パープル」へと(トパーズスキンにて)ペイントしたことも。

【動画】ジャミロクワイがフェラーリGTC4ルッソを「剥がせる塗料で」パープルにカスタム!その一部始終を見てみよう

| ボディカラーのチェンジというとラッピングが主流だが | ジャミロクワイのフロントマン、ジェイ・ケイは無類のクルマ好きとして知られ、過去に様々なクルマを購入したり売却したりしたことが報じられており、 ...

続きを見る

今回のターゲットはブガッティ・ヴェイロン

そして今回トパーズ・ディティーリングが挑戦するのはこのブガッティ・ヴェイロン。

このヴェイロン2008年式で、オーナーは「見た目のリフレッシュ」を行いたいと考えたようですね。

もとのボディカラーはメタリックグレーとシャンパーニュという組み合わせとなっておりグロス(光沢)とマット(つや消し)との組み合わせによる渋いカラーリングを持っています。

14

なお、トパーズスキンは同ショップのオリジナルメニューだそうで、基本的には顧客の要望に応じてカラーを調合する、とのこと。

13

今回はフェラーリの純正カラー「ブルー・アブダビ」へとペイントを行うことになり、データベースにて各カラーの配分を抽出します。

12

その後は塗料を調合し、そのペイントを使用して塗装開始。

外せるパーツは外して塗装を行い・・・。

11

車体にはマスキングを施してペイント。

10

ペインターは自動車工場にて塗装の経験を持つエキスパートたちで、何層にも渡って慎重に塗ってゆきます。

9

こちらはサンプル。

こんな感じでペリっと剥がせるのがメリット。

8

塗装後にはポリッシュをかけて光沢を出します。

もちろん細部に入り込んだダスト等も除去し、内装もクリーニングして新車同様のコンディションへ。

7

ドアの裏側やヒンジまでもペイントしており、まるで「当初からこのカラーであったかのような」仕上がりですね。

なかなかここまで塗るショップは少ない、と思います。

5

そしてこちらが完全に仕上がった状態のヴェイロン。

当然ですがボディカラーが変わると全く印象が変わるようですね。

4

この完璧な映り込み!

3

その後は積車に乗せられてカーイベントに。

フェラーリと並んで”フェラーリ純正カラーの”ヴェイロンが展示されることになったわけですが、誰一人としてこれが「再塗装」だとは気づかなかった模様。

1

VIA:Topaz Detailing

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フェラーリ(Ferrari), >ブガッティ(BUGATTI), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5